経営チーム

Jayshree Ullal

Jayshree Ullal

社長兼最高経営責任者

30年以上の経験を持つ熟練のネットワーキング専門家であり、2015年には全米の「アントレプレナー・オブ・ザイヤー」およびCRNの「IT業界のディスラプター第3位」を共同受賞しました。2005年にはNetwork Worldの「パワフルな人物トップ50」に、2012年にはForbesの「トップ経営者」の1人に選出されました。アリスタの社長兼CEOとしての9年間で、2014年6月にNYSEへの上場を果たしました。クラウド・ネットワーキング事業を確立し、Microsoft、HP、VMwareなどと戦略的提携を結びました。

以前はCisco社の上級副社長を務め、同社のフラッグシップ製品であるNexus 7000、Catalyst 5000、4500、6500製品ラインなどによって、データセンター、スイッチング、サービス分野で100億ドルの直接年間収益を達成しました。Cisco入社前は、(1993年にCisco社の最初の買収対象になった)Crescendo Communications社でマーケティング担当副社長を務めました。

サンフランシスコ州立大学で電気工学の学士号を取得。サンタクララ大学で技術経営学の修士号を取得。2016年にはSFSUのDistinguished Alumuni Awardを、2013年にはSCUのDistinguished Engineering Alumni Awardを受賞しました。

Andy Bechtolsheim

Andy Bechtolsheim

創立者、最高開発責任者兼会長

最高開発責任者として、アリスタネットワークスの製品開発および技術面全般を統括しています。

Sun Microsystems社創立者の1人であり、同社の主任システム・アーキテクトを務め、直近業務では業界標準サーバ・アーキテクチャを統括しました。ギガビット・イーサネット分野の新興企業、Granite Systems社(1996年にCisco Systems社が買収)の創立者の1人として社長を務めた経歴もあります。1996年から2003年まで、Cisco社のGigabit Systems Business Unit(大成功を収めたCatalyst 4500スイッチ製品を開発)のVP/GMを務めました。次世代サーバ企業、Kealia社(2004年にSun社が買収)の創立者兼社長も務めました。

1976年、カーネギーメロン大学で計算機工学の修士号を取得。1977年から1982年、スタンフォード大学の博士課程に在籍。2015年には名誉ある全米の「アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー」を共同受賞しました。

Ita Brennan

Ita Brennan

最高財務責任者

アリスタネットワークスの財務会計、運用、管理、投資家支援を統括するアリスタの最高財務責任者です。ハイテク業界で20年以上にわたって培った財務管理の専門知識があります。

アリスタに入社する前は、2014年2月から2015年5月まで、エネルギー業界のベンチャー企業のCFOを務めていました。その前は、トランスポート・ネットワーク製品を手がけるInfinera Corporationに8年間在籍し、2006年7月から2010年7月までは財務担当副社長兼経理責任者、2010年7月から2014年2月まではCFOを務めました。同社の前は、1997年から2006年まで、データストレージ製品を手がけるMaxtor Corporationに在籍し、グローバル・オペレーションの財務担当副社長をはじめ、さまざまな役職を歴任しました。

英国勅許会計士協会フェロー。会計事務所Deloitte and Toucheの在籍経験と、アイルランドと米国で勤務した経歴を持ちます。

Kenneth Duda

Kenneth Duda

創立者、最高技術責任者、ソフトウェア・エンジニアリング担当副社長

高性能ネットワーキング・ソフトウェアの先駆者であり、アリスタネットワークスの全製品に対応するステートフルなモジュール化オペレーティング・システム、アリスタネットワークス EOSのリード・アーキテクトです。VMware社と策定したVXLANや、Microsoft社と策定したNVGREなど、ネットワーク仮想化の仕様の執筆者としても名を連ねています。2005年から2008年には、当社の社長代理も務めました。

アリスタネットワークス入社前は、There.com社のCTOを務め、何千人もの同時ユーザーに対応するリアルタイム3-D分散システムの設計を統括しました。また、Granite Systems社の最初の社員で、Cisco社が同社を買収した後は、Catalyst 4000製品ラインのソフトウェア開発を指揮しました。

MITで3つの工学系学位を同時取得。スタンフォード大学でコンピュータ・サイエンスの博士号を取得。

John McCool

John McCool

最高プラットフォーム責任者兼エンジニアリングおよびオペレーション担当上級副社長

ハードウェア、エンジニアリング、システムテスト、カスタマ、および製造オペレーションなど、アリスタのプラットフォームを統括しています。経営およびネットワーキングに30年以上の経験を持ち、近年ではEMCの上級副社長兼ゼネラルマネージャやFiretideのCEOを務め、Cisco Systemsではエンジニアリング・マネージメントに17年間従事しました。Ciscoには1996年にGranite Systemsの買収によって入社し、上級副社長兼データセンタースイッチング&サービスグループ担当ゼネラルマネージャまで務めました。SynOptics、NeXT Computer、Advanced Micro Devicesでもエンジニアリングに関する重要な役割に就きました。ネットワーク技術に関するいくつかの特許を保有しています。

ドレキセル大学で電気工学の学士号を取得。サンタクララ大学で計算機工学の修士号を取得。

Anshul Sadana

Anshul Sadana

最高カスタマ責任者

ネットワーキング業界においてほぼ20年、エンジニアリング・マネージメント、システムおよびソフトウェア開発に従事したスキルを有しています。2007年にアリスタに入社し、全世界でのクラウド・ネットワーキング事業およびカスタマ・アドボカシーを統括しています。グローバル・セールスおよび市場開発、製品の定義および管理、システム・エンジニアリング、顧客サポートなどが含まれます。

以前は、Cisco社でCatalyst 4500および4900製品ラインのソフトウェア開発を指揮。戦略的顧客対応の管理も担当しました。

イリノイ大学でコンピュータ・サイエンスの修士号を取得。ウォートン・スクールでMBAを取得。

Mark Foss

Mark Foss

グローバル・オペレーションおよびマーケティング担当上級副社長

20年に及ぶネットワーキング業界経験を持ち、2007年にアリスタネットワークスに入社。アリスタのグローバル・セールス・オペレーション、フィールド・マーケティング、ビジネス・プランニングを統括しています。以前は、アリスタの国際販売担当副社長でした。その前には、Cisco Systems社でプロダクト・マネージメント・ディレクターを務め、Catalyst 4500および4900製品ラインを統括し、Catalyst 5000および6500のマーケティングとチャネル・オペレーションを管理していました。

カナダ出身。カルガリー大学で商学士号を取得。

Marc Taxay

Marc Taxay

法務担当副社長

2013年にアリスタネットワークスに入社し、法務責任者を務めています。 商取引、知的財産権、コーポレート・ガバナンス、セキュリティ、コンプライアンスなど、アリスタネットワークスの法務を監督する役割を果たしています。 アリスタネットワークス入社前は、MedeAnalytics社(医療分析企業)の法務担当上級副社長、およびCoremetrics社(デジタル・マーケティング企業)の副法務責任者を務めました。 また、Cohen & Grigsby社のパートナーおよびWilson Sonsini Goodrich & Rosati社のシニア・アソシエイトとして勤務した経験もあります。

ミシガン大学で文学学士号と法学博士号を取得。

Andy Bechtolsheim

Andy Bechtolsheim

創立者、最高開発責任者兼会長

会長兼最高開発責任者として、アリスタネットワークスの製品開発および技術面全般を統括しています。Sun Microsystems社創立者の1人で、同社のシステム・アーキテクトの責任者を務めた経験を持ち、ギガビット・イーサネット分野の新興企業、Granite Systems社(1996年にCisco Systems社が買収)の創立者の1人として社長を務めた経歴もあります。

Charles_Giancarlo

Charles Giancarlo

役員

半導体、通信、ネットワーク業界で25年以上の経験があります。現在は、Silver Lake社で常務取締役を務めています。その以前にはCisco社の上級副社長兼最高開発責任者を務め、同社の製品開発および管理全般を統括し、数多くの新規市場への参入とさまざまな新技術の展開を直接指揮しました。Cisco社に在籍する前後には、いくつかの企業を設立しています。

Ann Mather

Ann Mather

役員

財務担当役員として20年以上の経験があります。1999~2004年までPixar社のCFO(最高財務責任者)を務め、その以前にはDisney社で国際関係業務の上級責任者の職務にありました。2005年からGoogle社の役員になり、同社の監査委員会議長を務めています。また、2010年12月からはMGM社(映画、テレビ、ホームビデオ、演劇作品の制作および配信を行う株式非公開企業)のリード・ディレクターを務めています。さらに、Netflix社やローカルのテクノロジー企業数社の役員にも名を連ねます。

Dan Scheinman

Dan Scheinman

役員

最先端技術に精通した経験豊富な上級役員、投資家、顧問として新興企業を対象に活躍しています。Cisco Systems社に18年間勤務し、さまざまな分野でトップクラスのキャリアを築き、同社が年間売上1億ドル・クラスの企業から400兆ドルを超える企業へと成長するのに貢献しました。業務経験は法務、ビジネス開発、管理部門全般に及び、最近では上級副社長兼部長を務めています。

Marc Stoll

Marc Stoll

役員

財務担当役員。テクノロジー業界で20年以上の経験があります。Apple社のワールドワイド・セールス・ファイナンスの副社長を務め、年間売上で1,250億ドルにおよぶグローバル・セールス・チャネルを統括しました 。CA Technologies社では財務部長を務め、Julius Baer Investment Management社ではテクノロジー関連のバイ・サイドの株式調査を統括しました。また、Compaq Computer社では財務関連のさまざまな職務にあたりました。キャリアのスタートは、電気分野の技術者でした。

Nikos Theodosopoulos

Nikos Theodosopoulos

役員

通信および金融業界で30年の経験があります。現在は、自ら設立したNT Advisors LLC社でアドバイザリーとコンサルティングの事業を展開しています。以前は、UBS Investment Research社で常務取締役を務め、通信およびネットワーキング業界の上級リサーチ・アナリスト、グローバル・テクノロジー・ストラテジスト、米国技術部門室長として17年間勤務しました。キャリアの原点はBell Laboratories and AT&T社で、エンジニアリング、プロジェクト管理、セールスの職務にあたりました。

Jayshree Ullal

Jayshree Ullal

社長兼最高経営責任者

アリスタネットワークスの社長兼最高経営責任者として、同社の事業を統括しています。以前は、Cisco社で15年間以上のキャリアを重ねてきました。モジュール型NexusとCatalystデータセンター・スイッチングおよびアプリケーション/仮想化サービスを指揮し、直接および間接の売上高で約150億ドルにおよぶ事業を統括しました。

Isabelle Bertin Bailly

Isabelle Bertin Bailly

グローバル人事担当副社長

グローバル人事担当副社長として、アリスタネットワークスのグローバル人事組織を監督しています。 アリスタネットワークス入社前は、Cisco Systems社のデータセンター・スイッチングおよびセキュリティ・テクノロジ・グループの人事リーダーを務め、従業員の雇用、能力、リーダーシップ開発、および組織的効果に重点を置き、2,000人の従業員からなるグローバル・ワークフォースをサポートしていました。 Cisco Systems社、Sun Microsystems社、Kealia社(Sun Microsystems社が買収)、Confluence Networks社、Granite Systems社(Cisco Systems社が買収)で役割を果たすなど、ハイテク業界で20年以上の経験があります。

サンタクララ大学で社会学の学士号を取得。ゴールデンゲート大学の産業/組織心理学を卒業。 フランスのパリ大学で、数学/物理学/化学および経営管理学の2つの学位も取得。

Ed Chapman

Ed Chapman

ビジネス開発およびアライアンス担当副社

データセンター、スイッチング、およびクラウド市場において20年以上にわたってネットワーキングに携わりてきた経験を伴い、ビジネス開発およびアライアンス担当副社長としてArista Networks社に入社。当社の前には、Riverbed Technology社で新製品およびクラウド戦略担当副社長を務めていました。Cisco Systems社に勤務した経験もあり、同社では、Nexusデータセンター・スイッチング製品ラインとMDSストレージ・ネットワーキング製品ラインのプロダクト・マネージメント担当副社長を務めました。また、EMC/VmWare社、IBM社、Hitachi Data Systems社、Hewlett Packard社、Microsoft社、Verizon社、AT&T社、Amazon Web Servicesとの戦略的なマーケティング提携の構築にも携わりてきました。

カリフォルニア州立大学の1つであるサンディエゴ州立大学で、経営学と、システム分析および設計の学士号を取得。

Steve Foster

Steve Foster

米国販売担当共同副社長

20年に及ぶネットワーキング業界経験を持ち、2008年に販売担当ディレクターとしてアリスタネットワークスに入社。大手クラウド企業を含む、米国西部地区のビジネス・プランニングと販売業務を担当しています。以前は、Foundry Networks社の販売担当ディレクターを務めていました。その前は、Lucent Technologies、Nortel Networks、SynOptics/Bay Networksでセールス・マネージメントの職務に就いていました。

カリフォルニア州立大学チコ校で経営管理の学士号を取得。

Jeffrey Hirschman

Jeffrey Hirschman

ハードウェア・エンジニアリング担当副社長

ハイテク企業においてハードウェア設計に20年以上従事、ネットワーキング業界における経験は10年以上に及びます。Arista社創立時からのハードウェア・エンジニアであり、当社のプラットフォームの設計とハードウェア開発を担当する各チームを統括しています。Arista入社前は、Cisco Systems社GSBU(Gigabit Switching Business Unit)のエンジニアリング・マネージャーを務め、Catalyst 4000ロードマップ主要素の開発と管理を担当しました。Cisco社には、同社のGranite Systems社買収に伴って入社。Granite入社前は、NeXT Computer社、Firepower Systems社のASICの設計、ベル研究所におけるソフトウェア開発に携わりました。

スタンフォード大学でコンピュータ・サイエンスの修士号を取得。

Hugh Holbrook

Hugh Holbrook

ソフトウェア・エンジニアリング担当副社長

Arista Networksのプラットフォームおよびシステム・ソフトウェアの開発とテストを統括しています。Aristaでは2005年以降、Arista EOSの基盤開発の多くを統括してきました。Aristaに入社する前はCisco社で勤務し、Catalyst 4500のソフトウェアおよびハードウェアの改良において重要な役割を果たしました。送信元特定マルチキャスト(SSM)の発明者であり、その標準化を行うIETFワーキング・グループの議長を務めています。また、PIM-SMプロトコル仕様など複数のRFCの著者です。ネットワーキング、システム、ハードウェア設計に関する8件の特許を保有しています。

スタンフォード大学でコンピュータ・サイエンスの学士号、修士号、博士号を取得。

Ita Brennan

Ashwin Kohli

システム・エンジニアリング担当副社長

ネットワーキング分野と大規模チームの管理に20年以上の経験があります。2011年にアリスタに入社し、グローバル・エンタープライズ・システム・エンジニアリング・チームを統括しています。アリスタに入社する前は、BNP Paribas、Merrill Lynch、ABN AMROといった企業で、大規模なグローバル・ネットワーク・チームを率いていました。

マンチェスター大学(英国)でコンピュータ・サイエンスおよび経理の学士号を取得。

Christophe Metivier

Christophe Metivier

製造およびプラットフォーム・エンジニアリング担当副社長

ネットワーキング、光通信、コンピュータ業界において、成功を収めた製品やイノベーションを市場に送り出してきた20年の実績を誇ります。当社の前には、 Cisco社に15年以上勤務していました。同社では、Catalyst 4500プラットフォーム担当の副社長兼ゼネラル・マネージャーや6500システムのエンジニアリング担当副社長など、いくつかの統括的な職務を担当しました。Transceiver Module Groupのゼネラル・マネージャーを務めていた時には、10G光通信のフォーム・ファクタ移行を推進しました。同氏は、1995年のGranite Systems社創設時の最初の4人の従業員のうちの1人です。それ以前は、スタンフォード大学のコンピュータ・サイエンス学部に勤務し、キャッシュ・アーキテクチャや分散システムの開発に携わりていました。

フランスのトゥールーズ大学で、MSEE(電気工学修士号)を取得。

Jeff Raymond

Jeff Raymond

EOSソフトウェアおよびサービス担当副社長

EOSソフトウェアおよびサービス担当副社長として、EOSプラットフォームの製品管理、および関連サービスとテクニカル・サポート組織を統括しています。 ネットワーク業界で17年の経験を有するベテランです。 Cisco社で14年間、製品管理とテクニカル・マーケティングに関わるさまざまな職務を担当しました。 直近では、Nexusデータセンター・スイッチングのビジネスで製品管理責任を有するシニア・ディレクターを務めました。 その前は、Catalyst 6500シリーズのプラットフォームでテクニカル・マーケティングのリーダーを務め、その後、Nexus 7000シリーズのプラットフォームで同リーダーを務めました。

バージニア大学でシステム工学の学士号を取得。

Chris Schmidt

Christopher Schmidt

米国販売担当共同副社長

17年に及ぶネットワーキング業界経験を持ち、2008年に、販売担当ディレクターとしてアリスタネットワークスに入社。当社の金融サービス業界における急速な成長に貢献しました。現在は、米国東部地区の金融サービスおよびフェデラル市場におけるビジネス・プランニングと販売業務を主導しています。アリスタに入社する前は、Cisco Systems社のクライアント担当ディレクターで、主要金融機関のグローバル・セールスを担当していました。それ以前は、Boston Scientific社で低侵襲的処置に関するセールス・コンサルタントとして勤務していました。

シエナ・カレッジでマーケティングと経営学の学士号を取得。

Adam Sweeney

Adam Sweeney

EOSエンジニアリング担当副社長

EOS エンジニアリング担当副社長として、Arista Networks社のEOS(Extensible Operating System)のスイッチング、ルーティング、管理機能の開発とテストを統括。SGI社などの先進的な企業において、20年以上にわたってソフトウェアおよびエンジニアリング開発に携わりてきた豊富な経験を持ちます。SGI社では、画期的なXFSファイルシステムの開発に貢献しました。Cisco社(同社に買収される前はGranite社)では、Catalyst 4000製品ラインの開発を統括しました。6件の米国特許を執筆しています。

スタンフォード大学でコンピュータ・サイエンスの学士号を取得。