あらゆるネットワーク・レイヤに対応する新製品ファミリ

2019年5月14日、カリフォルニア州サンタクララ発—アリスタネットワークス(以下アリスタ)は本日、要求の厳しい400Gクラウド・ネットワークに対応する新しいArista 7800Rファミリと、Arista 7500Rと7280Rの次世代シリーズを発表いたしました。これらの新しいプラットフォームは、100Gと400Gのイーサネットをサポートして高スループット、高密度、高い価格性能比を実現し、サービス・プロバイダ、エッジ、5G、IoTソリューションのネットワークに組み込む新しいテレメトリとインテリジェンスを提供します。ルーティング、セキュリティ、自動化の強化は、Arista EOS®(Extensible Operating System)を介して提供されます。

Netnodのエンジニアリング責任者、Mattias Karlsson氏は次のように述べています。「北欧の相互接続サービス・プロバイダ大手Netnodは、ロシアとバルト諸国市場に参入する第1選択肢であり、最も柔軟な相互接続サービスを提供しています。アリスタのR3シリーズは、当社が提供する高パフォーマンスのピアリング・コロケーション・サービスのキャパシティを拡大するものです。高い電力効率で400Gサポートと豊富な機能セットを備えるこれらのシステムは、北欧を網羅する当社のインターネット・エクスチェンジで業界をリードする相互接続サービスを提供することを可能にします」

新しい7800R3シリーズはラインカード1枚あたり36個の400Gポートを提供します。これは従来のモジュール型システムの4倍であり、きわめて大規模なクラウド・データセンターのルーティング要件を満たすことができます。7500R3シリーズは、既存の投資を保護しながら、密度とパフォーマンスの向上を可能にします。7280R3シリーズは最大48個の400Gポートを提供します。これは最大192個の100Gポートに分割することができます。R3シリーズはすべて、実績あるVoQディープ・バッファ・アーキテクチャを採用しており、400Gのサポート、ルートスケールの拡大、新しいテレメトリ機能を備えています。

アリスタの最高執行責任者、Anshul Sadanaは次のように述べています。「Rシリーズの400Gサポート追加と新しい7800R3は、トラフィックの急増や、ネットワーク・セグメンテーション、テレメトリ、サイバーセキュリティの課題に取り組むお客様のために、高いパフォーマンスを提供します」

実績あるセキュアなプラットフォーム

新しい7800R3シリーズは、4スロットと8スロットのモジュール型シャーシで提供され、最大576個の400Gポート、最大460Tbpsの容量で大規模な環境に対応します。100Gと400Gのモジュールを選択でき、データセンター間のセキュアな相互接続のためにMACsecオプションを提供します。

7500R3は受賞歴を誇る7500シリーズの最新世代です。既存の投資を保護しながら、400Gと100Gのラインカード・オプションによる強化を提供します。最新のイノベーションとして、インバンド・ネットワーク・テレメトリ(INT)、IPFIX、ネットワーク・アドレス変換(NAT)を採用し、容量とスケールを拡大するとともに電力効率も高めています。

7280R3は固定構成システムの第3世代です。Rシリーズのアーキテクチャを採用して、パフォーマンスを3倍、スケールと電力効率を2倍に高め、400Gサポートを追加することにより、スペースと電力の要件が厳しい環境に対応します。

  • 7280PR3-48と7280PR3-24は、それぞれ2Uで48個の400Gポート、1Uで24個の400Gポートを提供します。
  • 7280CR3-96は2Uで96個の100Gポート、
  • 7280CR3-32P4は4個の400Gポートと32個の100Gポートを提供して、スペース効率の高いスパインを実現します。

新しいプラットフォームはすべて、400G-OSFPまたは400G-QSFP-DDの構成をサポートしています。

これらの新しいR3シリーズ製品は2019年第3四半期に出荷される予定です。

アリスタネットワークスについて

アリスタネットワークスは、大規模なデータセンターとキャンパスの環境に特化したソフトウェア・ドリブン型のコグニティブ・クラウド・ネットワーキングのパイオニア企業です。さまざまな受賞歴を誇るアリスタのプラットフォームは、従来の概念を覆す可用性、即応性、自動化、分析、セキュリティを備えています。CloudVisionと、先進のネットワークOSであるEOSを基盤とするクラウド・ネットワーキング用のスイッチは、全世界で2,000万ポート以上が導入されています。プライベート/パブリック/ハイブリッド・クラウド・ソリューション間でオープン規格を推進するアリスタの製品は、パートナーを通じて、世界各地でサポートされています。

ARISTA、EOS、CloudVisionは、世界各国におけるArista Networks, Inc.の登録商標または商標です。その他の社名または製品名は、それぞれの所有者の商標です。詳細情報やリソースについては、www.arista.com. をご覧ください。

このプレスリリースには、「将来予想に関する記述」が含まれています。将来予想に関する記述には、アリスタのRシリーズ・ファミリとEOSの性能、コスト削減、ルーティング、テレメトリ、セキュリティなどの特長に関する記述が含まれますが、これに限定されるものではありません。過去の事実に関する記述を除く記述はすべて、将来予想に関する記述とみなされる可能性のある記述です。将来予想に関する記述にはリスクと不確実性が伴い、実際の成績または結果は、将来予想に関する記述で表明されたものとは大きく異なる可能性があります。これには、当社の限定的な稼働履歴、急速な成長、新製品の開発経験および発売経験、製品、サポート、またはサービスの品質に関する問題、急速に進展する技術革新、顧客要件と業界標準、および当社がSECに提出した書類で述べられているその他のリスクが含まれます。当社がSECに提出した書類は、アリスタのWebサイト(www.arista.com)、およびSECのWebサイト(www.sec.gov)に掲載されています。アリスタは、将来予想に関する記述について、その作成日以降に発生した現象または出現した状況に応じて記述を公に更新または修正する義務を負わないものとします。

Media Contact
Amanda Jaramillo
Corporate Communications
Tel: (408) 547-5798
amanda@arista.com

Investor Contact
Charles Yager
Product and Investor Advocacy
Tel: (408) 547-5892
cyager@arista.com

The links above are for the viewer’s convenience, and Arista has not reviewed and is not responsible for their content.

1