Arista 7020R シリーズ

高い性能とディープ・バッファを実現するギガビット・イーサネット・スイッチ

データセンターでは、高性能のネットワーキング・ソリューションが求められます。高性能と電力効率のソリューションを提供するArista 7020Rシリーズにより、アリスタネットワークスの固定およびモジュール型ディープ・バッファシステムのポートフォリオを拡張できます。

IPストレージ、コンテンツ・デリバリ、リーフ/スパイン・ネットワークのために設計されたArista 7020Rシリーズの固定構成のスイッチは、高密度でロスレス転送を行う動的バッファとディープ・バッファ、サイズの大きいテーブル、包括的なL2とL3機能を兼ね備えています。ウルトラ・ディープ・バッファとVOQにより、ビッグ・データ環境やメディアとエンターテイメントなど、輻輳と大量トラフィックが発生する要求の厳しい環境でも、ロスのないパフォーマンスを実現できます。また、ノンブロッキング・アーキテクチャが、高性能のストレージを使用し帯域を大量に消費するアプリケーションやストリーミング・ビデオのパフォーマンスを向上させます。

Arista 7000シリーズの固定およびモジュール型スイッチを併用すると、ネットワークを高性能の2階層ネットワークにスケールアウトして、予測可能で一貫性のあるアプリケーション・パフォーマンスを実現できます。

ご案内ビデオ:Arista 7020Rシリーズ

データセンター・ギガビット・イーサネット・スイッチ

 

7020Rシリーズには2つのモデルがあり、100/1000Mbイーサネット用の48ポート(RJ45)、および1GbEまたは10GbEアップリンク接続用の6ポート(SFP+)を備え、光ファイバーを含むさまざまなケーブルに対応しています。電源は、ACまたはDCを選択できるようになっています。

動的ディープ・バッファとVOQによる前例のない性能とルーティング・スケール

  • 高性能コンピューティングと石油ガス探査システムにおいてTCPインキャストが原因で発生する1GbEと10GbEの速度の不一致を動的ディープ・バッファにより解消
  • 仮想出力キュー(VOQ)により、ヘッド・オブ・ライン・ブロッキングを回避し、ネットワークの輻輳によるパケット・ドロップも実質的に回避
  • Arista FlexRoute™およびEOS NetDB™による高密度、低電力の大規模ルーティング
  • EOSのオープンなプログラマビリティと包括的で高度なトラフィック制御、およびプロビジョニングとモニタリング機能
  • 最新のデータセンター専用に開発されたことによる高可用性と電力効率

高性能のユニバーサル・リーフ

  • 100/1000 Mbps(RJ-45)ポートを48個、1/10GbEアップリンク(SFP+)ポートを6個搭載し、ノンブロッキングでトップ・オブ・ラックに適した高性能を提供するソリューション
  • 最大216 Gbpsと162 Mppsのスループットを実現するワイヤスピードのレイヤ2/3スイッチング
  • ロスレス転送に対応する3GBのパケット・バッファ
  • 一般のオペレーション、認証、スペア部品に7280Rシリーズとの一貫性を保つアーキテクチャ
  • リーフからスパインに60ギガビットで相互接続可能

クラウド・ネットワーキングとArista FlexRoute

  • 最大256,000のMACエントリ
  • 最大80,000のIPv4およびIPv6のホスト・ルート
  • FlexRouteによる最大200,000のIPv4および最大100,000のIPv6ルート
  • 128-way ECMPおよび54ポートMLAG
  • 最大12,000のACL

Arista EOS

  • オープンな拡張性とプログラマビリティ
  • Software Driven Cloud Networking
  • 細密なモジュール構造のメモリ保護アーキテクチャ
  • Linuxのツールや機能を利用可能
  • インサービス・ソフトウェア・パッチおよび自己回復機能のあるステートフル・フォールト・リペア(SFR)

豊富な機能セットとオープンなプログラマビリティ

  • 包括的で、収束が迅速なスイッチングとルーティングの機能セット
  • フル機能のIPv4 / IPv6、ACL、およびQoS
  • VXLANと128-wayのマルチパス
  • LANZによるマイクロバースト検出
  • VXLANとEOSネットワーク・トレーサ
  • CloudVision®によるワークフロー自動化とオーケストレーション

データセンター向けに最適化

  • 高い可用性とシンプルなプロビジョニング
  • 冗長性のあるホットスワップ可能なACおよびDC電源(消費電力は1Gbあたり1ワット未満)
  • 冗長性のあるホットスワップ可能なファン
  • ツールレス・レールを使用した2ポストおよび4ポスト・マウント
  • 8GBのメモリと高性能のCPU

Arista 7020Rシリーズ技術仕様

Arista 7020Rのイーサネット・スイッチ・ファミリーは、小型のフォームファクター、パフォーマンスを損なわない低電力と冷却、スケーラビリティ、可用性、運用の簡単さといった特長を併せ持ち、今日高い実績をあげている企業のニーズを満たします。

7020Rシリーズには2つのモデルがあり、AC電源またはDC電源を選択できます。どちらのモデルも、100/1000Mbのポート(RJ45)48個と1Gまたは10Gアップリンク接続のポート(SFP+)6個を備え、光ファイバーを含む幅広いケーブルに対応しています。Arista 7020Rスイッチは、ロスレス転送を可能にするVOQとともに、低レイテンシーと動的ディープ・バッファ・アーキテクチャを提供します。

Arista 7020Rシリーズの仕様

 7020TR-48
7020R シリーズ - 仕様
7020TRA-48
7020R シリーズ - 仕様
説明 RJ45ポート48個およびSFP+ポート6個を備えるスイッチ RJ45ポート48個およびSFP+ポート6個を備えるスイッチ 
フォームファクター 1 RU 1 RU 
スイッチング・スループット 216 Gbps 216 Gbps 
最大転送レート 162 Mpps 162 Mpps 
レイテンシー 3.8マイクロ秒未満 3.8マイクロ秒未満 
システム・バッファ 3GB 3GB 
MACテーブル・サイズ 最大256,000 最大256,000 
最大IPv4 ホスト 最大64,000 最大64,000 
最大IPv6 ホスト 最大64,000 最大64,000 
IPv4/IPv6ルート 32,000/16,000 32,000/16,000 
IPv4/IPv6 FlexRoute 200,000/100,000 200,000/100,000 
ECMPファンアウト 128way 128way 
LAGメンバー 32ポート/チャネル 32ポート/チャネル 
LAGグループ 54グループ/システム 54グループ/システム 
ACLエントリ なし 12K 
電源 2(1+1の冗長性) 2(1+1の冗長性) 
ACおよびDC 有 
ファン 4ホットスワップ可能 4ホットスワップ可能 
エアフロー 前面/背面または背面/前面 前面/背面または背面/前面 
CloudVision® 有 
スマート・システム・アップグレード*
ZTP 有 
VM Tracer 有 
AEM* 有 
VXLAN* 有 
LANZ* 有 
ヒットレス速度変更 有 
通常電力 105W 115W 

*EOSではまだサポートされていません。

Arista EOSおよび7020Rシリーズ

7020Rシリーズは、MLAGとECMPのテクノロジ、オープン・プロトコル、高度な監視とプロビジョニングの包括的な機能により、極めてスケーラブルなクラウド・ネットワークを実現し、高パフォーマンス・ネットワークでの要求を満たします。

MLAG - レイヤ2のオール・アクティブ・マルチパス

  • 業界標準のプロトコル(LACP)
  • スパニング・ツリー・トポロジの簡素化や排除
  • トラフィックの把握や調整が簡単
  • ISSUによる、完全に個別化されたMLAGメンバーのアップグレード

ECMP - レイヤ3のオール・アクティブ・マルチパス

  • 業界標準のプロトコル(OSPF、BGP、ISIS)
  • L2の排除で非常に優れたスケーラビリティとフォールト・トレランスを実現
  • 2階層で非常に優れたスケーラビリティと一貫性のあるパフォーマンス

IPv4およびIPv6によるルーティングをサポート

  • L2およびL3の包括的な転送テーブル・リソースにより、設計の選択肢を拡大
  • IPv4およびIPv6によるレイヤ3ルーティング(OSPF、BGP、ISIS、PIM)で、耐障害性に優れたマルチパス・ネットワークを実現
  • ネットワーク全体の仮想化プラットフォームにより、ワイヤスピードのVXLANルーティングと128wayマルチパスを使用した次世代のハイブリッド・クラウド・バーストが可能

高度なモニタリングとプロビジョニング

  • 標準ベースのプロトコルとスクリプト・ツールを使用して、ネットワークとサーバーのプロビジョニングを完全に自動化できるZTP
  • アドバンスト・イベント・マネジメント(AEM)スイート
  • eAPIのオープン・インターフェイスを採用するEOSにより、Netopsで堅牢なワークフロー自動化を確立
  • オーケストレーションの統合を可能にするOpenStack Neutronのサポート
  • トポロジに依存せず単一ポイントでネットワークを管理できるCloudVision
  • VMWareと連携するVMTracerで、物理および仮想環境の監視を簡素化