Arista 7150 シリーズ

Arista 7150シリーズは、業界最小レベルの非常に低いレイテンシーを実現する1RUのプラットフォームです。性能、高度な機能、バランスのとれたリソース・セットの独特の組み合わせによって、金融市場、HPCクラスタ、仮想データセンターで求められる低いレイテンシーを実現します。

 

Arista 7150シリーズ・ビデオ・データシート

 

Arista 7150Sの利点:

  • ビッグ・データ、クラウド・ネットワーク、金融取引、HPC、Web 2.0環境といった最先端アプリケーション向けに設計された初のSDNスイッチ
  • さまざまなポート構成において正確で予測可能な業界最高水準のパフォーマンスを実現(確定性を備えた高い性能、あらゆるトラフィックに対してレイテンシーとジッタを最小化)
  • かつてないほどのバランスのとれたリソースと展開の柔軟性を備え、「任意のアプリケーション」に適合
  • ネットワーク全体を仮想化する初のプラットフォームで、ワイヤスピードのVXLANハードウェアベースのトンネル・エンドポイントを備え、次世代クラウド・バースティングをサポート
  • 1マイクロ秒未満のネットワーク・アドレス変換(NAT)を初めてサポート
  • 確定的なレイテンシーと高い性能を実現する初の10GbE/40GbEスイッチで、IEEE 1588に準拠
  • 高度なフォレンジックとモニタリング機能を実現 – ハイエンド・インフラの計測、自動化、解析を再定義

 

Arista 7150シリーズの各モデルの比較

 7150 Switches
7150S-24 7150S-52 7150S-64
Description 7150 Switch 24-Port SFP+ 7150 Switch 52-Port SFP+ 7150 Switch 48-Port SFP+
4 QSFP+
Total Ports 24 52 64
SFP+ Ports 24 52 48
L2/3 Throughput 480 Gbps 1.04 Tbps 1.28 Tbps
L2/3 PPS 360 Mpps 780 Mpps 960 Mpps
Latency 350ns 380ns 380ns
Typical Power Draw 191 W 191 W 224 W

 

任意の用途に対応する堅牢なデータセンター・スイッチで、以下に示す包括的な機能を備えます。

大規模リソースによる、高性能で低レイテンシーの10および40Gbスイッチング

  • 最大1.28Tbpsおよび960Mppsのレイヤ2/3/4スイッチング
  • 全パケット・サイズに対し、350ナノ秒にまで抑えた一貫したレイテンシーを実現
  • 仮想およびクラウド・ネットワーク環境に対する大規模L2およびL3テーブル

高度なトラフィック制御

  • ハードウェア・ネットワーク・アドレス変換(NAT)
  • VLANからVXLANへのゲートウェイによって、L3境界間のステートフルなVMモビリティを実現
  • 非常に高精度なタイミングを必要とするネットワーク向けのPrecision Time Protocol(PTP)機能をフル装備

高度なモニタリングと計測

  • LANZ+による、比類のないマイクロバースト解析とキャパシティ管理
  • マルチポート・ミラーリングによって、インライン・タップとデータ・キャプチャ・アグリゲーションを実現

データセンター向けに最適化

  • 1ラック・ユニット(RU)で最大64個の10Gbポートを提供
  • 反転可能な前面/背面排気のエアフローで柔軟な設置が可能
  • 高い可用性とシンプルなプロビジョニング
  • 単一のインターフェイスで100Mb~40GbEをサポートするAgilePort

Arista EOS™

  • お客様のニーズに合わせてカスタマイズできる拡張可能なオペレーティング・システム
  • 細密なモジュール構造のメモリ保護アーキテクチャ
  • Linuxのツールや機能を利用可能
  • インサービス・ソフトウェア・アップグレード(ISSU)により稼働中でも更新が可能
  • ステートフル・フォールト・リペア(SFR)による自己回復機能

Arista DANZによるTAPアグリゲーションの簡素化

アリスタのデータ・アナライザ(DANZ)は、Extensible Operating Systemに実装された機能セットで、現時点はArista Networks 7150シリーズ・スイッチで使用できます。DANZは、10/40Gbps以上でのモニタリングと可視性の課題に対するソリューションを、抜群の価格性能比と高い精度で提供します。Arista DANZソフトウェアの機能を使用することにより、IT運用および計画部門で以下のことを実行できます。

  • 実運用に影響を及ぼさずに、トラフィックのアグリゲーション、レプリケーション、キャプチャを処理
  • 高度なフィルタリングと高精度なタイムスタンプをワイヤ・レートでハードウェアに適用
  • 輻輳およびマイクロバースト・イベントをリアルタイムにモニタリング、キャプチャ、および関連付け
  • アプリケーション・レイヤのフィードバックをアプリケーションとツールに直接提供
  • 標準的なサード・パーティAPIおよびアプリケーション/ネットワーク管理ツールとの統合
  • アリスタのスイッチ以外の機器を追加することなく、これらすべての機能を実現

 

Arista DANZ のフレームワーク

 

Arista DANZによって、膨大な量のデータと多くのネットワーク帯域幅を使用してクリティカルな分析やモニタリング機能を実行する必要があるお客様は、独自のアウト・オブ・バンドのモニタリング・インターフェイスやバックホール・ネットワークを追加しなくても、すべてのトラフィックのセキュリティ、コンプライアンス、レポーティングを実現できます。アプリケーションとパフォーマンスの問題のトラブルシューティング、必要に応じたトラフィックの傍受(合法的傍受やコンプライアンスなど)、および全体的な顧客満足度とレスポンス・タイムの管理を、限られた新規投資で既存ツールを利用して低コストで実現できます。