Arista 7500R シリーズ

Arista 7500Rシリーズによるユニバーサル・スパインおよびクラウド・ネットワーク

大規模な仮想化ネットワークおよびクラウド・ネットワーク向けに設計されたモジュール型スイッチArista 7500Rシリーズは、業界最高水準の性能を誇るユニバーサル・スパイン・スイッチです。 このスイッチでは、100GbEの密度にインターネット規模のテーブル・サイズと包括的なL2/L3機能を組み合わせています。 高度なEOS機能によりネットワーク・モニタリング、高精度タイミング、VXLANネットワーク仮想化を実現し、さらにこの機能に豊富なハードウェア・リソースを組み合わせて、システムとラインカードを多彩に選択できるようにしたので、投資を持続的に保護することができます。

ご案内ビデオ: アリスタネットワークスのユニバーサル・スパイン

 

7500Rシリーズは、MLAG、ECMP、VXLANのテクノロジにより、極めてスケーラブルなクラウド・ネットワークを実現できます。

Arista 7500RシリーズのFlexRouteTMエンジンとEOS NetDBには、インターネット規模のIPルーティングにも最小限の消費電力と迅速な収束で対応できるスケーラビリティがあり、何百万ものルートまでスケーリングできます。

Arista 7500Rシリーズのユニバーサル・スパインの概要

 

高性能ユニバーサル・スパイン

  • ノンブロッキングで115Tbpsのスイッチング容量
  • 高密度10/25/40/50/100Gイーサネット
  • 432個のワイヤスピード100GbEポート
  • 1ラインカードあたり最大24GBのウルトラ・ディープ・バッファ
  • 3.5マイクロ秒のトップクラスのレイテンシー
  • 1ラインカードあたり9.6Tbpsのファブリック容量
  • 1ポートあたり13,824の仮想出力キュー(VOQ)でHOL(head of line)ブロッキングを回避
  • 200GbEおよび400GbEを使用可能

Arista EOS

  • 単一のバイナリ・イメージ
  • きめ細かい完全なモジュール型のネットワークOS
  • インターネット・ピア用のスケーラブルなコントロール・プレーン
  • 拡張可能なプラットフォーム - bash、Python、C++、GO、OpenConfig
  • 耐障害性を備えた自己回復ソフトウェア
  • リッチ・ストリーミング・テレメトリ・ソリューション

スケーラブルなクラウド設計

  • 包括的なL2/L3機能セット
  • インターネット規模のIPv4およびIPv6転送テーブル
  • 最大51Bppsのワイヤスピード転送
  • CloudVisionによるプロビジョニングと自動化
  • VXLANによる次世代DC
  • LANZによるマイクロバースト検出

Arista 7500Rシリーズ技術仕様

Arista 7500Rシリーズのモジュール型スイッチは、115Tbpsのシステム・スループットで業界最高水準の性能を実現しており、最大規模のデータセンターのニーズにも対応できます。 7500Rシリーズは、複数のシステムから選択でき、4個、8個、または12個のラインカード・モジュール、2個のスーパーバイザ・モジュール、および6個のファブリック・モジュールが提供されます。 連続的な運用に向けて設計されているので、システム全体にわたるハードウェア・コンポーネントとソフトウェア・コンポーネントのモニタリング、シンプルな保守およびプロビジョニングを備えて単一の障害点を防止するなど、ハードウェア・アーキテクチャでは、あらゆるコンポーネントのホットスワップが可能な高可用性をサポートしています。

ご案内ビデオ: Arista 7500Rシリーズのユニバーサル・スパインの仕様

 

システムの比較:

Arista 7500Rシリーズは、コンパクトなシステム設計で、12スロット、8スロット、および4スロットから選択でき、1Gから100Gまで幅広いワイヤスピードを実現できます。 1ポートあたりの電力が100GbEポートで25Wという低さになるよう電力効率を考慮して設計されているので、総所有コストを低減できます。さらに前面吸気/背面排気の冷却と組み合わせて、データセンター環境を最適化し、極めて信頼性の高い、高密度で電力効率の高いモジュール型スイッチを実現しています。

システム・パフォーマンス
 7512R
7508の仕様
7508R
7508の仕様
7504R
7504の仕様
説明 最高密度、最小電力で最速のイーサネット・スイッチング・システムを実現。 高密度、低電力でノンブロッキングのイーサネット・スイッチング・システムを実現。 7ラック・ユニットの筐体はほとんどの中規模展開に最適なフォームファクター。
スイッチング容量 115Tbps 75Tbps 38Tbps
ラインカード容量 9.6 Tbps 9.6 Tbps 9.6 Tbps
10GbEインターフェイス 1,728 1,152 576
25GbEインターフェイス 1,728 1,152 576
40GbEインターフェイス 432 288 144
50GbEインターフェイス 864 576 288
100GbEインターフェイス 432 288 144
転送レート 51 Bpps 34.5 Bpps 17.3 Bpps
合計バッファ 288GB 192GB 96GB
ラック・ユニット 18 13 7
最大消費電力 12,824W 8,586W 4,978W
エアフロー 前面吸気/背面排気 前面吸気/背面排気 前面吸気/背面排気

7500Rのモジュール型筐体は、7500Eラインカードまたは7500Rラインカードのどのような組み合わせにも対応できるので、密度と速度を多彩に選択することができます。

7500Rラインカードの比較:

7500Rシリーズではラインカードを幅広く選択できます。ワイヤスピード100GbEおよび40GbEで最大36ポートなど、さまざまな速度と密度の選択肢を備えています。 どの100GbEインターフェイスでも、25GbEと50GbEを含む5種類の速度を選択できるので、ほかに例を見ない柔軟性が提供され、データセンターを次世代のイーサネット性能へとシームレスに移行することができます。

 7500R-36CQ
7508の仕様
7500R-36Q
7508の仕様
7500R-48S2CQ
7504の仕様
ポート 100G QSFP 36ポート 40G 30ポート / 100G 6ポート 10G 48ポートと100G 2ポート
100GbEの最大数 36 6 2
50GbEの最大数 72 12 4
40GbEの最大数 36 36 2
25GbEの最大数 144 24 8
10GbEの最大数 144 96 56(48+8)
ポート・バッファ 24GB 8GB 4GB
スイッチング容量 3.6 Tbps 1.8 Tbps 680 Gbps
転送レート 4.32 Bpps 1.4 Bpps 720 Mpps

モジュール性が高く、堅牢なExtensible Operating System(EOS)と、ロスレス転送、低遅延、ワイヤスピード性能を実現する仮想出力キューイングを備えた動的でスマートなディープ・バッファ・アーキテクチャを組み合わせることで、Arista 7500Rラインカードは、スケーラブルで高性能なデータセンター・ソリューションを実現します。

スケーラビリティ:

7500Rシリーズの各ラインカードは、レイヤ2およびレイヤ3のデータセンター設計をサポートする一貫性のある機能セットを、予測可能でリニアなスケーリングで提供します。 アリスタネットワークスのFlexRouteエンジンは、インターネット・ルーティングのフル機能を実現するとともに、さまざまなIP/MPLS/VxLANプロトコルをサポートします。

 7500Rラインカード
レイテンシー 3.5マイクロ秒未満
MACテーブル・サイズ 768,000
最大のIPv4ホスト・ルート 768,000
最大のIPv6ホスト・ルート 768,000
最大のACLエントリ 24,000
最大のIPv4ルート・プレフィックス 1,000,000以上
最大のIPv6ルート・プレフィックス 768,000
最大のマルチキャスト・ルート 768,000
最大のECMP 128way

 

Arista 7500Rシリーズの技術的アーキテクチャ

Arista 7500Rシリーズは、最新のスイッチング用半導体とソフトウェアで設計されています。

Arista 7500シリーズは、ディープ・バッファ仮想出力キュー(VOQ)アーキテクチャを利用しています。このアーキテクチャは100%の効率で、HOL(head of line)ブロッキングを回避し、輻輳の非常に激しいネットワーク状況においてもパケットの破棄を実質的に回避します。 高度なトラフィック・スケジューラによって、すべての仮想出力キューに対し公平に帯域幅が割り当てられ、均等化キューイング、固定優先順位、ハイブリッド・スキームなどのキューの規則が正確に遵守されます。 その結果、Arista 7500では、リアルタイム、マルチキャスト、ストレージのトラフィックが混在したトラフィック負荷でも低遅延を実現するなど、トップクラスのデータセンターの要件を容易に処理できます。

ご案内ビデオ: Arista 7500Rシリーズのユニバーサル・スパイン・アーキテクチャ

 

7500Rアーキテクチャのメリット:

  • 投資保護 - ラインカードの上位および下位互換性
  • 一貫性のある7500シリーズ・アーキテクチャにより確実にシームレスな移行が可能
  • 分散型パケット・プロセッサにより転送容量をリニアにスケーリング可能
  • FlexRouteテクノロジにより、インターネット規模のルート・テーブルを低消費電力で実現
  • システム全体の正常性モニタリング
  • 動的なディープ・バッファにより、最も厳しいトラフィック状況にも対応
  • 仮想出力キューによりHOLブロッキングを回避
  • セルベースのファブリックにより、100%の効率と一貫性のある低遅延/低ジッターを実現
  • ファブリックのN+1の冗長性により、性能低下を防止
  • 公平なQOSファブリック - 問題頻発場所の発生防止

100G MACsec

Bulk data encryption at scale, high performance and cost effectively is a major challenge for cloud data centers. The Arista MACsec solution is integrated to a 7500R Series 36 port 100GbE line card offering high port density and secure performance at an efficient cost point. The 7500R MACsec solution is fully compatible with all other 7500R Series line cards and utilizes proven encryption technology to protect traffic for simple and scalable data center interconnect. In addition with a choice of pluggable 100G optics it can be used to secure links between tiers in leaf and spine data center designs.

Standards-based IEEE 802.1AE (MAC Security standard, referred to as MACsec) capabilities provide line-rate frame encryption and authentication. This ensures confidentiality as well as providing anti-replay protection and therefore confidence in the integrity of encrypted traffic.

100GMACsec

Key Benefits:

  • High density MACsec solution for Cloud Data Centers integrated with 7500R for highest density and performance in a modular platform
  • Cost and performance optimized for Data Center Interconnect to transport massive volumes of traffic securely through metro networks
  • Secure transport of data over distance with MACsec encryption eliminating additional intermediate devices
  • Cost and performance optimized for Data Center Interconnect (DCI) and Leaf-Spine to transport massive volumes of traffic securely

Key Features:

  • 36 port 100G line card delivers full 7.2Tb of bandwidth
  • Delivers up to 4.32 Billion packets per second of wire speed L2 and L3 IP forwarding
  • Internet scale IPv4 and IPv6 forwarding tables
  • Compatible with all 10G, 40G and 100G line cards for 7500R Series
  • IEEE 802.1AE MACsec 100G encryption on all ports
  • Pluggable 100G QSFP optics for pay as you grow expansion
  • 24GB of deep buffer packet memory and Virtual Output Queue architecture to eliminate head of line blocking and packet drops due to congestion

200G DWDM

The Arista 100G/200G DWDM solution is integrated to a 7500R Series line card offering high-density with un-compromised performance at an efficient cost point. It utilizes state of the art coherent optical technology to enable simple, reliable and scalable data center interconnect solutions for both metro and long haul applications with flexible support for 100G, 150G and 200G modes.

MACsec

Key Benefits:

  • High density DWDM solution for Cloud Data Centers integrated with 7500R for highest density DCI with wire speed performance
  • Cost and performance optimized for Data Center Interconnect to transport massive volumes of traffic through metro or long haul networks over 5,000kms
  • Secure transport of data over distance with MACsec encryption eliminating additional intermediate devices
  • 16QAM 200G mode doubles fiber capacity at up to 1,000km for 19.2Tb per fiber link
  • Ethernet over DWDM: Transparent to Layer2 and Layer3 applications
  • Supports Flex Grid operation for future expansion

Key Features:

  • 8 port 200G Coherent DWDM line card delivers full 1600G of bandwidth
  • Integrated multi-modulation formats for DP-QPSK, 8-QAM, and 16-QAM, with coherent detection and soft decision forward error-correction (SD-FEC)
  • Analog Coherent CFP2 (ACO-CFP2) pluggable optics for pay as you grow scalability
  • Tunable 200G CFP2 optics for 96 channels at 50GHz spacing and 19.2Tbps per fiber pair
  • IEEE 802.1AE MACsec encryption on all ports
  • Robust Optical signal to noise ratio (OSNR) and Chromatic dispersion (CD) tolerance
  • Delivers up to 2 Billion packets per second of wire speed L2 and L3 IP forwarding
  • 12GB of packet memory for deep per port packet buffering