The SOC Visibility Triad

Security Operations Center Visibility Triadは、ネットワーク通信、エンドポイント、およびイベントを完全かつ包括的に可視化します。このソリューションは、以下のコンポーネントで構成されます。

  • NDR: 攻撃の徴候だけに注目するのではなく、攻撃の意図に基づいて攻撃者を特定するプロアクティブなネットワークベースの機械学習テクノロジー - Awake NDRプラットフォーム
  • SIEM/UEBA: ITインフラストラクチャ、アプリケーション、およびその他のセキュリティ・ツールから生成されるログを収集し分析する
  • EDR: 実行中のプロセス、メモリの活動状況、および実行中のアプリケーションをエンドポイントで分析するエンドポイント・エージェント

Triad

 

Awake AIドリブン・セキュリティ・プラットフォーム

Awake Securityは、単なるアラートではなく必要なレスポンスを提供する唯一の高度なNDR(Network Detection and Response)ソリューションです。人工知能と人間の専門知識を組み合わせ、内部と外部の両方の攻撃者の行動を自律的に検知し、キャンパスやデータセンター、IoT、OT(オペレーショナル・テクノロジー)、クラウド・ネットワークなどのネットワーク全体に対しトリアージ、デジタル・フォレンジック、およびインシデント対応を提供します。

Awake AIドリブン・セキュリティ・プラットフォームは、数十億のネットワーク通信を詳細に分析して、ネットワーク全体のすべてのデバイス、ユーザー、およびアプリケーションを自律的に検出、プロファイル化し、分類します。多次元の機械学習アプローチを使用して、Awakeは、複雑な敵対行動をモデル化し、エンティティ、時間、プロトコル、および攻撃ステージにまたがる点と点を結んで脅威を検出します。

Awake AIドリブン・セキュリティ・プラットフォームは、競合製品と比較して2倍以上の精度を誇り、運用のオーバーヘッドを約1500%軽減可能です。詳細については、こちらを参照してください。