世界の最先端を行くネットワーク・オペレーティング・システム

Arista Extensible Operating System(EOS®)は、アリスタネットワークスのクラウド・ネットワーキング・ソリューションの中核をなすもので、次世代型データセンターとクラウド・ネットワークに対応しています。Arista EOSで構築されたクラウド・アーキテクチャは、数百から数千のコンピューティング・ノードおよびストレージ・ノードに拡張でき、管理機能とプロビジョニング機能は大規模に動作します。こうしたプログラマビリティにより、EOSでは、ワークフローの自動化、高可用性、かつてないほどのネットワークの可視性と分析機能を提供する一連のソフトウェア・アプリケーションを利用できるほか、仮想化、管理、自動化、オーケストレーション・サービス用の幅広いサードパーティ・アプリケーションとの迅速な統合を行うことができます。

Arista EOSは完全にプログラム可能でモジュール性が高いLinuxベースのネットワーク・オペレーティング・システムで、使い慣れた業界標準のCLIを使用し、アリスタのスイッチ製品ファミリすべてで単一のバイナリ・ソフトウェア・イメージを実行します。耐障害性とプログラマビリティを高める設計になっているEOSには、独自のマルチプロセス状態共有アーキテクチャがあり、状態情報とパケット転送をプロトコル処理やアプリケーション・ロジックから分離します。

ご案内ビデオ:アリスタのコンテナ化EOS

 

クラウド規模のアーキテクチャ

  • 100から100,000以上のコンピューティング/ストレージ・ノードへとニーズに応じて拡張可能
  • パブリッシュ/サブスクライブ型の状態共有基盤に基づく耐障害性を備えた実証済みのソフトウェア・オペレーティング・システム。ネットワーク全体のソフトウェア・インフラストラクチャ向けに、ネットワーク状態の一元管理とストリーミングによる可視性分析を改善を実現するNetDBに進化
  • レイヤ2でMLAG、レイヤ3でECMPを使用したオープンな標準ベースの設計アプローチで、使用可能なすべての帯域幅をノンブロッキング・モードで効果的に利用し、フェイルオーバーや耐障害性を実現
  • VXLANなどのオーバーレイ・テクノロジーを使用したネットワーク仮想化により、シームレスなワークロード・モビリティのネットワーク・セグメンテーションとアプリケーション拡張を実現

オープン性とプログラマビリティ

  • 多くのプログラマビリティ・オプションにより、Arista EOSはプログラムによるネットワークの制御が可能
  • 以下の機能を含む構造化された豊富なAPIのセット
    • eAPI JSONベースのRPC(ネイティブCLIコマンドを使用してRESTのようなインターフェイスを提供)
    • OpenConfig、Go、Python、およびRubyベースのオブジェクト・モデル
    • GoおよびPythonのネイティブ・オンボックス・スクリプティング
    • EOS SDKを使用したネイティブの高性能EOSアプリケーションの開発
    • ネイティブのLinux APIおよびスクリプティング
  • Puppet、Chef、およびAnsibleによる開発と運用の緊密な統合

高可用性

  • Aristaスマート・システム・アップグレード(SSU)を使用したネットワーク要素のインテリジェントな挿入および除去によるメンテナンス期間の短縮
  • スイッチの通常稼働中のEOS内の個々のプロセスのライブ・パッチとアップグレード
  • 単一モジュールへの障害隔離と、状態情報の再構築が不要なプロセス再起動によってダウンタイムを最小化する自己回復型の耐障害性
  • サードパーティとの統合による、カスタムなモニタリング、フェイルオーバー、負荷分散

可視性

  • かつてないレベルのプリケーション性能の可視性と、業界標準および顧客固有のDevOpsソリューション向けのネットワーク全体のモニタリング機能を実現
  • Aristaデータ・アナライザ(DANZ)の機能セットによるタップ・アグリゲーションの簡素化
  • Cloud TracersTM、VM Tracer、MapReduce Tracer、Path Tracer、Health Tracer、Container Tracer、Latency Analyzer(LANZ)、およびsFlowモニタリングなどのトレーサーによるアプリケーションおよびネットワーク性能のすばやい特定とトラブルシューティング。

自動化

  • ネットワーク運用タスクのワークフローをポータルから自動化するためのCloudVisionプラットフォーム
  • VMware、OpenStack、Palo Alto Networks、Microsoftとその他多くのアリスタエコシステム・パートナーが提供するソリューションを、物理ネットワークに簡単かつスケーラブルに統合するためのCloudVision
  • ゼロ・タッチ・プロビジョニング(ZTP)およびゼロ・タッチ・リプレイスメント(ZTR)を使用した、新規または交換用スイッチの簡単なプロビジョニング
  • ネットワーク・イベントやアプリケーション・イベントに自動対応するアドバンスト・イベント・マネジメント
  • 豊富なプログラム機能を使用した、複雑なITワークフローの自動化と、ネットワーク運用の個々の要件への簡素化
  • パートナーとの自動統合により、Puppet、Chef、Ansibleなどのツールでネイティブの機能の強化が可能。また、自動化をスタックの上まで拡張して、ファイアウォール、ロード・バランサー、コンピューティング・インフラなどの他のネットワーク・システムおよびアプリケーションを、F5やVMwareなどのパートナー製品とともに含めることも可能

柔軟な使用モデル

  • アリスタのスイッチにバンドルされたパッケージ化EOS、コンテナ化されたEOS(cEOS)、または仮想化EOS(vEOS)は、あらゆる実稼働またはシミュレーション・ユースケースに対応可能。またサードパーティー・ハードウェアを含む柔軟なプラットフォーム・サポート
  • cEOSTM(コンテナ化されたEOS) – クラウドの自動化および運用モデルを拡張し、DevOpsとNetOpsの統合と、サードパーティー・ハードウェアを含む柔軟なプラットフォーム・サポートを実現

Arista vEOS Routerは、アリスタのAny Cloudプラットフォームの核となるコンポーネントです。vEOS Routerは、アリスタの同じ実績を持つ単一のEOSソフトウェア・イメージで、マルチクラウドでマルチハイパーバイザの仮想ルーターとして提供されています。企業とサービス・プロバイダーは、このクラウドグレードで機能豊富なソフトウェア・プラットフォームを利用して、一貫性があり、非常にセキュアでスケーラブルなクラウド・ネットワークを構築できます。Arista vEOS Routerは、Amazon Web Services(AWS)、Microsoft Azure Cloud、Microsoft Azure Stack、Google Cloud Platform、Oracle Cloud Infrastructureなど、あらゆるパブリック・クラウドまたはハイブリッド・クラウド環境をサポートするように設計されています。

ご案内ビデオ:Arista Any Cloudプラットフォーム製品概要

Any Cloud Platform Product Overview

vEOS Routerは、EOSで実績がある既存のルーティング機能を活用し、IPSEC VPNトンネリングなどの機能強化を取り込んで、マルチクラウド環境間でワークロードを安全に相互接続します。また、vEOS Routerとクラウド・プロバイダのAPIを統合して、展開、自動化、分析、エンドツーエンドの可視化をシームレスに実現できます。

Arista vEOS Routerは、Arista CloudVisionと完全に統合されており、ワークロードのオーケストレーションやワークフローの自動化と、ハイブリッド・クラウド・ネットワーキング向けのネットワーク・テレメトリをネットワーク全体で活用することによって、クラウド・サービスを簡単に利用できるようにしています。アリスタのお客様がオンプレミスのエンタープライズ・データセンター、プライベート・クラウド、パブリック・クラウドにまたがってArista Any Cloudを展開する場合は、他に例を見ない一貫性によって運用コストを削減することができます。

アリスタは、次の2種類の製品で仮想EOSを提供します。

  • vEOS Router:本番環境向けに構築されたvEOS Routerは、仮想環境およびパブリック・クラウド環境に最適化され、マルチギガビットのスループットを実現するように設計されています。詳しくは、データシートをご覧ください。
  • vEOS-lab:vEOS-labは、シミュレーションおよびテストを目的として作成されています。詳しくは、データシートをご覧ください。

vEOS Routerのプラットフォームとしての主なメリット

高可用性アーキテクチャ:耐障害性を高める設計になっているEOSには、マルチプロセスで自己回復する独自の状態共有アーキテクチャがあり、単一モジュールへのフォールト・コンテインメント(障害の封じ込め)と、状態情報を再構築する必要のないプロセス再起動によって、ダウンタイムを最小化します。

クラウドグレードのルーティング:Arista vEOS Routerは、各種ハイパーバイザや複数のクラウドで実行可能なルーティング・スタックを提供します。同じ実績を持つ単一のEOSソフトウェア・イメージで、アリスタの全製品で動作するvEOS Routerは、展開済みの既存のデータセンター・ネットワークからなる一貫した運用モデルを拡張します。

DevOps、NetOps、サードパーティのサポート:Arista EOSは、統合とカスタマイズを簡単に行えるよう、ソフトウェア・スタックのあらゆるレイヤにプログラマビリティを組み込んで作成されました。Arista vEOS Routerは、多数のプログラマビリティ・オプションによって、同様のプログラムによるネットワーク制御を実現しています。機能豊富でしっかりした構成のAPI群を使用して、NetOpsやDevOpsをより密接に統合することができます。

監視とレポートによって管理を簡素化:vEOS Routerは、コマンドライン・インターフェイス(CLI)、API、ネットワーク全体の自動化サービスであるCloudVisionを通じて管理できます。業界標準のツールとNetDBリアルタイム状態ストリーミングを用いて監視できる、包括的なロギングおよび診断情報も提供します。クラウドネイティブな監視および自動化ソリューションとも完全に統合されています。

EOS+は、ネットワークのプログラマビリティのためのソフトウェア・プラットフォームです。 EOS+は、エンドツーエンドのソリューションによってプログラムによるネットワークの制御を実現します。これにより、お客様はネットワークを自動化して、ワークロードとワークフローの管理に必要な運用コストを削減し、応答性を向上することができます。 EOS+では、アリスタネットワークス製およびさまざまなパートナー製のあらかじめ構築されたアプリケーションを提供します。これらは直接またはArista EOSソフトウェア・コンサルティング・サービスの支援によりカスタマイズできます。 EOSアプリケーションは、アリスタネットワークスのテクニカル・アシスタンス・センター(TAC)のサポートを備えた完全なソリューションです。

ご案内ビデオ: EOS+プラットフォームの概要

EOSアプリケーション

  • TACによる完全サポート付きのアプリケーションで、主要なネットワーク自動化のニーズに対応
  • お客様またはEOSコンサルティング・サービスのサポートによって、個々のネットワーク・ニーズにカスタマイズ可能
  • 主要アプリケーション:
    • ZTPServer - ゼロ・タッチのインテリジェントで動的なエンドツーエンドのネットワーク・プロビジョニングを実現
    • EOS Telemetry Suite - 間隔、閾値、アラートが設定可能な、対象を絞ったデータ収集を提供
    • EOS DirectFlow Assist(DFA)によるセキュリティ強化 - 接続されているインラインまたはアウト・オブ・バンドのセキュリティ・プラットフォーム(ファイアウォールなど)の負荷軽減または支援を行うよう設計

EOSコンサルティング・サービス

  • 業界が認める専門家を活用して、アドバイスし、Software Driven Cloud Networkの構築を支援
  • DevOpsのツールと方法に重点を置いた専門家のアドバイスとネットワーク実装により、ビジネスの俊敏性を加速
  • ベテランのネットワーク・ソフトウェア・プログラマーのチームによる、EOSに重点を置いたオンサイトまたはリモートの開発

EOS開発環境

  • 構造化された豊富なAPIのセット(eAPI、Linux APIなど)とSDKにより、すべてのレイヤをプログラム可能
  • vEOS(EOS用の仮想テスト環境)により、アプリケーションの導入と開発を加速
  • EOS SDKにより、低遅延と高性能を必要とするネットワーク・アプリケーションに対して、スイッチ・オペレーティング・システムとの直接統合を実現