世界の最先端を行くネットワーク・オペレーティング・システム

Arista Extensible Operating System(EOS®)は、アリスタネットワークスのクラウド・ネットワーキング・ソリューションの中核をなすもので、次世代型データセンターとクラウド・ネットワークに対応しています。Arista EOSで構築されたクラウド・アーキテクチャは、数百から数千のコンピューティング・ノードおよびストレージ・ノードに拡張でき、管理機能とプロビジョニング機能は大規模に動作します。こうしたプログラマビリティにより、EOSでは、ワークフローの自動化、高可用性、かつてないほどのネットワークの可視性と分析機能を提供する一連のソフトウェア・アプリケーションを利用できるほか、仮想化、管理、自動化、オーケストレーション・サービス用の幅広いサードパーティ・アプリケーションとの迅速な統合を行うことができます。

Arista EOSは完全にプログラム可能でモジュール性が高いLinuxベースのネットワーク・オペレーティング・システムで、使い慣れた業界標準のCLIを使用し、アリスタのスイッチ製品ファミリすべてで単一のバイナリ・ソフトウェア・イメージを実行します。耐障害性とプログラマビリティを高める設計になっているEOSには、独自のマルチプロセス状態共有アーキテクチャがあり、状態情報とパケット転送をプロトコル処理やアプリケーション・ロジックから分離します。

ご案内ビデオ:アリスタのコンテナ化EOS

 

クラウド規模のアーキテクチャ

  • 100から100,000以上のコンピューティング/ストレージ・ノードへとニーズに応じて拡張可能
  • パブリッシュ/サブスクライブ型の状態共有基盤に基づく耐障害性を備えた実証済みのソフトウェア・オペレーティング・システム。ネットワーク全体のソフトウェア・インフラストラクチャ向けに、ネットワーク状態の一元管理とストリーミングによる可視性分析を改善を実現するNetDBに進化
  • レイヤ2でMLAG、レイヤ3でECMPを使用したオープンな標準ベースの設計アプローチで、使用可能なすべての帯域幅をノンブロッキング・モードで効果的に利用し、フェイルオーバーや耐障害性を実現
  • VXLANなどのオーバーレイ・テクノロジーを使用したネットワーク仮想化により、シームレスなワークロード・モビリティのネットワーク・セグメンテーションとアプリケーション拡張を実現

オープン性とプログラマビリティ

  • 多くのプログラマビリティ・オプションにより、Arista EOSはプログラムによるネットワークの制御が可能
  • 以下の機能を含む構造化された豊富なAPIのセット
    • eAPI JSONベースのRPC(ネイティブCLIコマンドを使用してRESTのようなインターフェイスを提供)
    • OpenConfig、Go、Python、およびRubyベースのオブジェクト・モデル
    • GoおよびPythonのネイティブ・オンボックス・スクリプティング
    • EOS SDKを使用したネイティブの高性能EOSアプリケーションの開発
    • ネイティブのLinux APIおよびスクリプティング
  • Puppet、Chef、およびAnsibleによる開発と運用の緊密な統合

高可用性

  • Aristaスマート・システム・アップグレード(SSU)を使用したネットワーク要素のインテリジェントな挿入および除去によるメンテナンス期間の短縮
  • スイッチの通常稼働中のEOS内の個々のプロセスのライブ・パッチとアップグレード
  • 単一モジュールへの障害隔離と、状態情報の再構築が不要なプロセス再起動によってダウンタイムを最小化する自己回復型の耐障害性
  • サードパーティとの統合による、カスタムなモニタリング、フェイルオーバー、負荷分散

可視性

  • かつてないレベルのプリケーション性能の可視性と、業界標準および顧客固有のDevOpsソリューション向けのネットワーク全体のモニタリング機能を実現
  • Aristaデータ・アナライザ(DANZ)の機能セットによるタップ・アグリゲーションの簡素化
  • Cloud TracersTM、VM Tracer、MapReduce Tracer、Path Tracer、Health Tracer、Container Tracer、Latency Analyzer(LANZ)、およびsFlowモニタリングなどのトレーサーによるアプリケーションおよびネットワーク性能のすばやい特定とトラブルシューティング。

自動化

  • ネットワーク運用タスクのワークフローをポータルから自動化するためのCloudVisionプラットフォーム
  • VMware、OpenStack、Palo Alto Networks、Microsoftとその他多くのアリスタエコシステム・パートナーが提供するソリューションを、物理ネットワークに簡単かつスケーラブルに統合するためのCloudVision
  • ゼロ・タッチ・プロビジョニング(ZTP)およびゼロ・タッチ・リプレイスメント(ZTR)を使用した、新規または交換用スイッチの簡単なプロビジョニング
  • ネットワーク・イベントやアプリケーション・イベントに自動対応するアドバンスト・イベント・マネジメント
  • 豊富なプログラム機能を使用した、複雑なITワークフローの自動化と、ネットワーク運用の個々の要件への簡素化
  • パートナーとの自動統合により、Puppet、Chef、Ansibleなどのツールでネイティブの機能の強化が可能。また、自動化をスタックの上まで拡張して、ファイアウォール、ロード・バランサー、コンピューティング・インフラなどの他のネットワーク・システムおよびアプリケーションを、F5やVMwareなどのパートナー製品とともに含めることも可能

柔軟な使用モデル

  • アリスタのスイッチにバンドルされたパッケージ化EOS、コンテナ化されたEOS(cEOS)、または仮想化EOS(vEOS)は、あらゆる実稼働またはシミュレーション・ユースケースに対応可能。またサードパーティー・ハードウェアを含む柔軟なプラットフォーム・サポート
  • cEOSTM(コンテナ化されたEOS) – クラウドの自動化および運用モデルを拡張し、DevOpsとNetOpsの統合と、サードパーティー・ハードウェアを含む柔軟なプラットフォーム・サポートを実現

Introducing CloudEOS - Cloud Networking Infrastructure as Code

CloudEOS™ is Arista’s multi-cloud and cloud-native networking solution supporting autonomic operation to deliver an enterprise-class, highly-secure, and reliable networking experience for any cloud. As part of the Arista EOS® and CloudVision® product family, it delivers consistent segmentation, automation, telemetry, provisioning and troubleshooting for the enterprise edge, WAN, campus, data center and multiple public and private clouds.

To provide a scalable and automated network experience, CloudEOS integrates with Arista CloudVision to simplify the operators experience of interconnecting and managing multi-cloud, cloud-native and on-premises enterprise networks. Leveraging a network-wide approach for workload orchestration and workflow automation, together with advanced network telemetry and standards-based programmability, CloudEOS and CloudVision provide a seamless and universal approach to multi-cloud networking.

Open Networking

CloudEOS, deployed with Universal Cloud Network Designs, provides the vital missing elements required for building multi-cloud connectivity with consistent isolation across the entire enterprise environment. It delivers consistent high-performance virtual machine and container-based instances of EOS software that simplify network operations with declarative cloud provisioning tool chains like Terraform, Ansible and other popular CloudOps and DevOps solutions that are used to deploy the entire application stack.

With CloudEOS, customers can take full advantage of their multi-cloud and cloud-native investments without compromising on the network reliability, security and predictability that they expect from Arista.

Arista CloudEOS Router - Summary of Key Capabilities

Declarative Cloud Provisioning - using the popular Terraform application, a platform engineering team can stand up virtual private cloud instances in multiple public cloud providers with a single additional line of code per VPC. Terraform will automatically deploy an Arista CloudEOS leaf router, or a high availability pair of routers, and establish secure connectivity to a CNPS for each connected VPC.

Multi Cloud Reachability and Scale - any resource elastically scales up/down within the public cloud its instantiation and real-time addressing are maintained coherently across the entire CNPS segment, even across cloud providers in high-velocity environments like Kubernetes.

Elastic Scaling and Consumption - for cloud delivered functions like segment control points, edge transit routers, and cloud spine nodes the architecture is designed to enable these nodes to be procured in and through the public cloud providers and billed based on the actual consumption in a Pay-as-You-Go model.

Enhanced Visibility and Analytics - each networking node within the CNPS streams telemetry data back to Arista CloudVision which can be deployed in the public cloud in a VPC or on-premises. This enables a digital replica of the network state to be available for analytics or as training data for supervised machine learning models.

Product Highlights

Cloud Grade Routing

Multi Cloud: routing VM – optimized for public and private clouds and available in major public cloud marketplaces – including Amazon AWS, Google Cloud Platform, and Microsoft Azure

Cloud Native: container version – extends CloudEOS into the Kubernetes cluster for auto-provisioning, consistent routing, improved visibility and better troubleshooting

Transitive Routing: connects multiple Virtual Private Clouds (VPCs) together with a normalized connectivity pattern and the same proven Arista EOS software used in all Arista networking platforms

UCN: Universal Cloud Network (UCN) standards-based network designs within and across public clouds; for leaf-and-spine and edge-to-edge connectivity through a standards-based BGP layer-3 EVPN or reliable leaf-and-spine routed topologies

Site-to-Site: connect public clouds, data centers and campus sites with high-speed WAN interconnection using IPsec VPN encryption and dynamic path selection

Key Features and Capabilities

Cloud Network Private Segments (CNPS): VXLAN and IPsec based Virtual Private Networks (VPNs) spanning cloud regions and providers, to enable a secure, global and consistent segmentation model

Dynamic Path Selection (DPS): with In-band Path Telemetry for cloud edge use cases, providing reliability connectivity over diverse WAN segments

Network Address Translation (NAT): provide IP address flexibility in any VPC

Telemetry streaming: based on open source gNMI, gRPC, and OpenConfig standards delivering greatly improved network visibility and troubleshooting

Autonomic Cloud Operations

Elastic: Pay-As-You-Go (PAYG) consumption through Public Cloud Marketplaces and Service Catalogs

All Inclusive: includes CloudVision with Terraform integrations, all EOS routing and telemetry features, and A-care software support

Consistent operational model: Arista EOS and CloudVision complemented with DevOps and CloudOps toolchain integrations like Terraform

Open Programmability: programmable via JSON API (eAPI) or EOS SDK, with support for Python, Go, Ansible, NetConf, and OpenConfig

Performance and Reliability

Cloud High Availability (HA): utilizing Bi-directional Forwarding Detection (BFD) and multi-path routing (ECMP) for fast recovery and continuous operation

High Performance Data Plane (DPDK/SR-IOV): increases throughput while reducing latency, jitter, and CPU utilization to deliver the ultimate performance in any cloud or hardware platform

Latest Cloud Architecture: utilizing Microsoft Azure Accelerated Networking and Amazon AWS Enhanced Networking for efficient resource utilization in public cloud instances

EOS+は、ネットワークのプログラマビリティのためのソフトウェア・プラットフォームです。 EOS+は、エンドツーエンドのソリューションによってプログラムによるネットワークの制御を実現します。これにより、お客様はネットワークを自動化して、ワークロードとワークフローの管理に必要な運用コストを削減し、応答性を向上することができます。 EOS+では、アリスタネットワークス製およびさまざまなパートナー製のあらかじめ構築されたアプリケーションを提供します。これらは直接またはArista EOSソフトウェア・コンサルティング・サービスの支援によりカスタマイズできます。 EOSアプリケーションは、アリスタネットワークスのテクニカル・アシスタンス・センター(TAC)のサポートを備えた完全なソリューションです。

ご案内ビデオ: EOS+プラットフォームの概要

EOSアプリケーション

  • TACによる完全サポート付きのアプリケーションで、主要なネットワーク自動化のニーズに対応
  • お客様またはEOSコンサルティング・サービスのサポートによって、個々のネットワーク・ニーズにカスタマイズ可能
  • 主要アプリケーション:
    • ZTPServer - ゼロ・タッチのインテリジェントで動的なエンドツーエンドのネットワーク・プロビジョニングを実現
    • EOS Telemetry Suite - 間隔、閾値、アラートが設定可能な、対象を絞ったデータ収集を提供
    • EOS DirectFlow Assist(DFA)によるセキュリティ強化 - 接続されているインラインまたはアウト・オブ・バンドのセキュリティ・プラットフォーム(ファイアウォールなど)の負荷軽減または支援を行うよう設計

EOSコンサルティング・サービス

  • 業界が認める専門家を活用して、アドバイスし、Software Driven Cloud Networkの構築を支援
  • DevOpsのツールと方法に重点を置いた専門家のアドバイスとネットワーク実装により、ビジネスの俊敏性を加速
  • ベテランのネットワーク・ソフトウェア・プログラマーのチームによる、EOSに重点を置いたオンサイトまたはリモートの開発

EOS開発環境

  • 構造化された豊富なAPIのセット(eAPI、Linux APIなど)とSDKにより、すべてのレイヤをプログラム可能
  • vEOS(EOS用の仮想テスト環境)により、アプリケーションの導入と開発を加速
  • EOS SDKにより、低遅延と高性能を必要とするネットワーク・アプリケーションに対して、スイッチ・オペレーティング・システムとの直接統合を実現

Arista Networks pioneered the open networking model with Arista Extensible Operating System (EOS) - a fully programmable and highly modular, Linux-based network operating system, supporting a broad set of merchant silicon architectures, driving Cloud Networking deployments. As part of the commitment to Open Networking, Arista provides a range of solutions addressing the various needs of cloud providers through disaggregation in 5 core areas:

  • Hardware platforms
  • Platform drivers
  • Network operating systems
  • Virtualization / containerization
  • Complete solutions

Arista’s open networking initiatives in collaboration with the world’s largest cloud operators on both software and hardware solutions include:

Open Networking

Customers looking for deployment models to achieve both flexibility and agile service delivery can innovate with these disaggregation deployment models for open network software, consistent operating models, leveraging merchant silicon innovations across a set of platforms.

Open Networking Software with Arista

With extensive experience in building products for cloud use cases and long standing relationships with the community, Arista is uniquely positioned to help customers develop a best-of-breed approach to networking, with key benefits including:

  • Flexible and Open Networking
    • Choice of high performance platforms from Arista’s market leading data center portfolio for leaf and spine networks
  • Cloud Principles Foundation
    • Lower Opex by leveraging DevOps tools for consistent automation for compute and networking deployments
    • Native streaming of deep platform telemetry with OpenConfig APIs
    • High scale and extensive debugging capabilities leveraging from cloud deployment experience
  • Consistent Operational model
    • Standardizing on a set of platforms, Customers have the option of choosing between Arista EOS and Arista SAI with SONiC software as an added benefit, for broader network roles
    • 24x7 Global Customer Support from Arista world-class services organization for SAI and platform related issues for a positive end-user experience.

An example of Arista open networking, SONiC is an open source network operating system developed initially by Microsoft for the Azure cloud platform that runs on multiple hardware platforms.

Arista’s Switch Abstraction Interface (SAI) layer allows SONiC to run on Arista switches, leveraging Arista’s advanced hardware design and platform drivers. Customers have the option of choosing between Arista EOS and Arista SAI with SONiC software, for broader network roles.

Open Networking

The Arista Open Networking solution offers a best-in-class foundation for Cloud providers, enterprises and service providers enabling seamless integration across any IT infrastructure that simplifies management and provisioning, speeds up service delivery, lowers costs and creates opportunities for agile introduction of new workloads.

Please visit the Literature section to find out more, or contact your local Arista representative or sales@arista.com.