EOS CloudVision

アリスタネットワークスは、ネットワーク業界に先駆けてSDCN(Software Defined Cloud Networking)を打ち出し、Arista EOS®を基盤とするSDNを推進してきました。プログラム可能なインターフェイス、パブリッシュ/サブスクライブ状態管理の分離、耐障害性、フォールト・コンテインメント(障害の封じ込め)、自己回復機能など、数々の特長を備えています。 CloudVision®は、同じアーキテクチャ・アプローチをネットワーク全体に拡張し、状態ベースでネットワーク全体を把握するビューを提供します。 これにより、お客様は大々的なカスタム社内開発をしなくてもクラウド・クラスの自動化に移行できます。 CloudVisionは、ワークロードの調整やワークフローの自動化、リアルタイム・テレメトリを行うためのネットワーク全域にわたる手法であり、クラウド・ネットワーキング向けのターンキー・ソリューションです。

ご案内ビデオ: CloudVisionの概要

CloudVisionでは、物理ネットワークを抽象化し、ネットワークの広範な全体像を把握することで、次のような運用とネットワーク・テレメトリのユースケースを効率化するアプローチを実現できます。

  • 分散ネットワークの状態を一元的に表現し、統合およびネットワーク全体の可視化と分析を行う単一ポイントを実現
  • OVSDB、JSON、OpenStackの各プラグインなどのオープンAPIによって、物理および仮想ワークロードのオーケストレーションをコントローラによらずサポート
  • 初期および持続的ゼロ・タッチ・プロビジョニング、設定管理、ネットワーク全体の変更管理のターンキー自動化(アップグレード、ネットワーク・ロールバック、ネットワーク・スナップショットの自動化など)
  • セキュリティ、監査、パッチ管理のためのコンプライアンス・ダッシュボード
  • デバイスごとのポーリングに代わる新たな手法である、リアルタイム状態ストリーミングによるネットワーク・テレメトリと分析
  • 状態リポジトリ、分析エンジン、テレメトリ・アプリケーションによって、フォレンジック・トラブルシューティングに役立つこれまでにない高精度のリアルタイム・モニタリングとネットワーク状態履歴を提供
  • Macro-Segmentation Serviceによって、パートナー・セキュリティ・プラットフォームとのサービスの挿入と統合を自動的およびシームレスに実現

エコシステムの統合

アリスタネットワークスのお客様は、物理インフラと仮想インフラのワークフローのオーケストレーションを必要としています。 Arista EOS CloudVisionは、VMWare NSXTM、Microsoft Windows ServerTM、Dell、Palo Alto Networks、F5、Hewlett Packard Enterprise、Rackspace、Supermicroなど、アリスタネットワークスのエコシステムの幅広いパートナー・ソリューションと密接に連携するプラットフォームです。

パートナー各社からのコメント

“「Dell製品を利用する企業が求めているのは、高速かつオープンで、費用対効果に優れたsoftware-definedデータセンター・ソリューションです。今回、アリスタとの新たなパートナーシップの下で初めて共同で提供するソリューションは、速度、シンプルさ、TCOの各面で、software-definedデータセンターの要求を満たしています。アリスタのCloudVisionとEOS、およびDellのインフラ製品とActive System Managerにより、現在から将来まで、お客様がビジネスにフォーカスできるよう支援します」”

Dell、エンジニアドソリューションおよびクラウド担当バイスプレジデント兼ゼネラルマネージャ、Jim Ganthier氏

"「アリスタのCloudVisionプラットフォームがあれば、VMware NSXと当社のF5 BIG-IP®の仮想/物理アプライアンスで構築したネットワーク全体を視覚的に管理できます。アプリケーションカタログのセルフサービスを実現することによって、ITインフラの運用がシンプルになり、効率化します」”

F5 Networks、製品管理担当バイスプレジデント、Indrajit Roy氏

“「HPは、柔軟性と効率性に優れた実証済みのオープンな統合ソリューションの提供に力を入れており、データセンターで頻繁に生じる要件変更に素早く対応できます。HPのComposable APIに適合したアリスタのCloudVisionプラットフォームと、HP OneViewを統合したソリューションにより、市場とテクノロジーの変化に即応することができます」”

HP、コンバージド・データセンター・インフラ、マーケティング担当バイスプレジデント、Paul Miller氏

“「アリスタのCloudVisionと、InfineraのIntelligent Transport Networkの組み合わせは、プログラマブル・オプティカル・ネットワークのパワーを最大限に引き出し、ハイパフォーマンスかつ低レイテンシーの次世代のクラウド・ネットワーク・インフラを実現します。ハイパースケールのプログラマブル・オプティカル・トランスポートと、データセンターの自動化フレームワークを融合することで、サービスの提供を加速し、リソース使用率を最適化します」”

Infinera、クラウド・ネットワーク戦略および技術担当シニアバイスプレジデント、Stu Elby氏

“「業界の先頭を行くデータセンター・ソリューションを長年にわたって共に提供してきたMicrosoftとアリスタが、この度、クラウドファーストのこの時代に、俊敏で効率的なデータセンターをSoftware-Defined技術で実現するソリューションを提供します。オープンでプログラマブルなCloudVisionとMicrosoft Cloud Platformソリューションにより、クラウド時代に最適なデータセンターへの変革を強力に後押しします」”

Microsoft、クラウドプラットフォーム担当ゼネラルマネージャ、Mike Schutz氏

“「アリスタのCloudVisionはネットワークとセキュリティポリシーの自動化の範囲を拡大し、運用とスケーラビリティの面で大きなメリットがあります。俊敏性のあるネットワークを実現し、次世代のセキュリティをsoftware-definedインフラ全体に簡単に拡張できます」 ”

Palo Alto Networks、ビジネスおよび企業開発担当シニアバイスプレジデント、Chad Kinzelberg氏

“「Rackspaceは、OpenStack、VMware、Microsoftを基盤とするパブリック/プライベート/ハイブリッド・クラウド・ソリューションを構築し、お客様に提供しています。大規模なクラウドソリューションを管理するために必要なツールは、その重要性がますます高まっています。アリスタのEOSとCloudVisionでは、拡張性のあるネットワークを構築して可視化し、DevOps向けのツールも利用できるので、動的に変化するクラウドソリューションの要件を満たします」"

Rackspace、CTO(最高技術責任者)、John Engates氏

“「Supermicroは、クラウド規模のコンピューティングインフラでの利用に最適なサーバー、ストレージ、ラック ソリューションを多彩に取り揃えています。電力効率に優れたSupermicroの先進のグリーンコンピューティング・ソリューションやソフトウェアに、アリスタのCloudVisionを利用した自動化を組み合わせることで、ITインフラ全体をエンドツーエンドで可視化して制御でき、インフラの拡張にも対応できます。両社のソリューションを利用することで、全体のTCOを削減し、投資効果を長期的に高めることができます」 ”

Supermicro、セールス担当シニアバイスプレジデント、Wally Liaw氏

“「ビジネス環境が急激に変化する中、市場のチャンスを逃さないためには、俊敏性が欠かせません。VMwareやアリスタをはじめ、業界をリードする企業のSoftware-Defined製品を導入するお客様がますます増えているのはそのためです。アリスタのCloudVisionは、VMwareのSoftware-Defined Data Center製品との相互運用性を備えています。データセンターの自動化、セキュリティ、可用性を強化してビジネスの成果につなげるという目標に近づくための大きな一歩です」 ”

VMware、ネットワークおよびセキュリティ担当バイスプレジデント、Hatem Naguib氏