Software Driven Cloud Networking

アリスタネットワークスは、プライベート・クラウド、パブリック・クラウド、ハイブリッド・クラウド、エンタープライズ・ネットワークおよび高性能ネットワークのユースケースに対応するネットワーク設計を提供することで、クラウドリーダーにとっての先進的なクラウド原則を支持してきました。これらのクラウド原則は、オープンAPIの使用、クラウド自動化機能、セルフサービスのプロビジョニングと展開などから成り、ネットワーク統合へのオープンなアプローチ、顧客のプログラマビリティ、簡素化された標準ベースの展開アーキテクチャと一体になっています。

アリスタのユニバーサル・クラウド・ネットワーク(UCN)は、これらの共通クラウド原則を用いて、簡素化されたネットワーキング・トポロジおよびアーキテクチャをユースケースを問わず提供します。サイロ化された「Places In the Network(PINs)」を標準化された「Places In the Cloud (PICs)」とすることで、一貫性ある運用が可能になり、データセンター・ネットワークの運用を他のあらゆるユースケースにまで適用するためのモデルはシンプルになります。

 

ご案内ビデオ:Software Driven Network Provisioning

 

クラウド展開の成功とTCOの削減に不可欠なSoftware Driven Cloud Networkingの5つの特性は、当社の全ポートフォリオで利用できます。これらの特性は、非常に効率的かつシームレスで効果の高いソフトウェア主導型クラウドITインフラストラクチャを提供するお客様に必要なすべてのコア特性を体現しています。

  • 高可用性アーキテクチャ – 可用性、スケーラビリティ、および効率性の高いスパイン/リーフ型アーキテクチャ
  • 俊敏なWork-X – あらゆるワークロード、ワークフロー、またはワークストリームをサポートする俊敏性
  • 自動化 – ドゥ・イット・ユアセルフ(D.I.Y.)タイプの自動化のためのネイティブなプログラマビリティから、DevOpsワークフローの自動化、さらにCloudVisionで誰もが利用できるクラウドの自動化までに対応
  • 分析 – NetDBのリアルタイム状態ストリーミングとCloudVisionの分析エンジンおよびテレメトリ・アプリケーションによって運用コストを削減し、解決に要する時間を短縮
  • あらゆるCloud API – オープンなSDK/APIおよび単一OSの一貫性により高速かつ自動的な導入とプロビジョニングが実現できるプログラム可能プラットフォーム

アリスタのSoftware Driven Cloud Networkingソリューションにより、企業とサービス・プロバイダーの両方のデータセンターに対し、ネットワークの価値を最大限に高める業界最高水準のソフトウェア基盤が構築されます。これにより、すべてのITインフラのシームレスな統合が可能になり、管理とプロビジョニングの簡素化、サービス提供の迅速化、コストの削減、新規ワークロードを俊敏に導入するための機会の創出を実現します。