アリスタネットワークスのキャンパス向けコグニティブ・クラウド・ネットワーキングは、従来のソリューションのサイロ化された複雑性に匹敵するキャンパス・ネットワークの課題に簡単に対処するためのアプローチを採用しています。最新のクラウド・データセンターを構築するために使用されているのと同じオープン・クラウド・ネットワーキングの原則に基づき、アリスタのコグニティブ・クラウド・ネットワーキングはEOS®とCloudVision®を活用して、ユニバーサル・クラウド・ネットワーク(UCN)アーキテクチャをキャンパスに拡張します。一貫したソフトウェア主導型のアプローチを活用することで、複雑さが軽減され、信頼性とパフォーマンスが向上し、自動化、モニタリング、およびセキュリティが合理化されます。

 

ご案内ビデオ:アリスタネットワークスがコグニティブ・キャンパスを導入

アリスタスのキャンパス向けコグニティブ・クラウド・ネットワーキングは、次の3つの原則に基づいています。

ユニバーサル・クラウド・ネットワーク - 旧来のベンダーの不安定な独自ソリューションに代わるものとして提供されたArista UCNは、ソフトウェア主導型の制御原則に焦点を合わせたオープンな標準ベースの設計になっています。アリスタのフラットなSpline™アプローチは、従来のキャンパス・コアおよびアグリゲーション・レイヤを、高可用性を持つ単純な単一の層に統合します。

コグニティブ管理プレーン - 管理プレーンの一貫性には深刻な欠如があり、キャンパス内ではデータセンターと同様にデータ主導型の分析が必要です。アリスタでは、共通のモデルを両方に適用して、お客様の運用コストを節約できると考えています。アリスタのCloudVisionに基づくコグニティブ管理プレーンは、ネットワーク分析全体にわたる自動化されたアクションのためのデータ主導型リポジトリです。

キャンパスのセキュリティ確保 - キャンパス・スプラインのセキュリティを保護するには、ネットワーク・セグメンテーションやデバイスのコンプライアンスと監査のほか、アリスタのセキュリティ・パートナーとのサービス統合に対する包括的なアプローチが必要です。アリスタは、EOSとCloudVisionを通じてこれらの機能を提供します。