アリスタネットワークスのキャンパス向けコグニティブ・クラウド・ネットワーキングは、従来のソリューションのサイロ化された複雑性に匹敵するキャンパス・ネットワークの課題に簡単に対処するためのアプローチを採用しています。最新のクラウド・データセンターを構築するために使用されているのと同じオープン・クラウド・ネットワーキングの原則に基づき、アリスタのコグニティブ・クラウド・ネットワーキングはEOS®とCloudVision®を活用して、ユニバーサル・クラウド・ネットワーク(UCN)アーキテクチャをキャンパスに拡張します。一貫したソフトウェア主導型のアプローチを活用することで、複雑さが軽減され、信頼性とパフォーマンスが向上し、自動化、モニタリング、およびセキュリティが合理化されます。

 

ご案内ビデオ:アリスタネットワークスがコグニティブ・キャンパスを導入

アリスタスのキャンパス向けコグニティブ・クラウド・ネットワーキングは、次の3つの原則に基づいています。

ユニバーサル・クラウド・ネットワーク - 旧来のベンダーの不安定な独自ソリューションに代わるものとして提供されたArista UCNは、ソフトウェア主導型の制御原則に焦点を合わせたオープンな標準ベースの設計になっています。アリスタのフラットなSpline™アプローチは、従来のキャンパス・コアおよびアグリゲーション・レイヤを、高可用性を持つ単純な単一の層に統合します。

コグニティブ管理プレーン - 管理プレーンの一貫性には深刻な欠如があり、キャンパス内ではデータセンターと同様にデータ主導型の分析が必要です。アリスタでは、共通のモデルを両方に適用して、お客様の運用コストを節約できると考えています。アリスタのCloudVisionに基づくコグニティブ管理プレーンは、ネットワーク分析全体にわたる自動化されたアクションのためのデータ主導型リポジトリです。

キャンパスのセキュリティ確保 - キャンパス・スプラインのセキュリティを保護するには、ネットワーク・セグメンテーションやデバイスのコンプライアンスと監査のほか、アリスタのセキュリティ・パートナーとのサービス統合に対する包括的なアプローチが必要です。アリスタは、EOSとCloudVisionを通じてこれらの機能を提供します。

Arista Cognitive Unified Edge (CUE)

Commercial Business requirements are driving accelerated adoption of cloud based applications; this requires a highly adaptive networking edge, that is secure, mobile, compliant and ubiquitous whether in the office, working remote, or onboarding a myriad of IoT devices. Just as Data Centers have moved from rigid, highly structured infrastructures, to agile on demand infrastructures as a service, so has the need for Campus networks to move to Edge as a Service. Arista’s Cognitive Unified Edge (CUE) enables this market transition by encompassing a comprehensive portfolio of services that leverages Arista’s EOS Network Data Lake and advanced AI capabilities optimized for commercial and mid market customers to deliver an integrated management platform with built-in automation, visibility and security for wireless, wired and WAN network infrastructure.

Featured Video: Introducing Arista Cognitive Unified Edge

 

Featured Video: Arista Network CUE Solution Overview

 

 

 

CUE- The Next Evolution in Edge Communications

The next technology evolution in commercial campus networks whether small branches or large headquarter buildings stretches well beyond bandwidth capacity upgrades. Hardware is easily keeping pace with bandwidth needs, driven by Moore’s productivity law where high volume commodity chip technologies are quadrupling bandwidth speeds every 2-3 years.

Of bigger importance is designing these networks where they can be easily deployed, maintained, secured, and amortized especially as the number of services these networks offer continue to expand. Customers must look beyond gigabits per second, and the latest Wi-Fi access points offerings when choosing their edge networking solutions. They must take a cloud centric networking approach where many of the design principles that have transformed data centers to cloud infrastructures are similarly leveraged. At a high level this cloud centric approach views infrastructure as a combined set of services, where business outcomes are more easily mapped to a set of integrated IT technologies.

Automation, artificial data intelligence, pro-active remediation, advanced telemetry, virtualization, segmentation, video broadcasting, and simplified topology designs are just several of the technologies that embody a cloud centric network. All of these technologies are directly applicable to campus networks. The combination of these technologies, working together as a solution rich with a number of services, is what Arista defines as the Cognitive Unified Edge (CUE) and has many use cases from single site deployments to distributed branch and cloud:

 

CUE Hardware Portfolio

 

CUE Use Cases