Telemetry and Analytics

可視性は、クラウド型ネットワークを効率化する重要な要素です。 ネットワークの「判断」と「動作」を把握できることは、真のネットワーク自動化と分析の基本になります。 従来のネットワーキングでは長い間、ネットワークの可視化に限度がありました。その主な原因は、限られたデータしか取得できない非効率なポーリング・メカニズムにありました。 その結果、従来のネットワークのオペレーターは、本格的なネットワークの知見を得ることができませんでした。

現在、大規模化するクラウド・ネットワークを効率的に運用するには可視化がますます重要になってきており、従来の可視化ソリューションではクラウドの要件を満たすことができなくなっています。 具体的には、次のような詳細な可視化情報がクラウド・ネットワークに必要とされます。

  • リアルタイムのネットワーク状態
  • 仮想化およびコンテナ化環境における動的なワークロード
  • トラブルシューティングのための高度なモニタリングと計測

真のクラウド・ネットワーキング・オペレーティング・システムであるArista EOS®は、初めから高度なテレメトリに対応するように設計されています。 アリスタネットワークスのテレメトリ・ソリューションの重要なカギとなっているのは、Arista EOSの状態ベース・ソフトウェア・アーキテクチャです。 Arista EOSプラットフォームは、最初からすべてのリアルタイム状態を1つの共通データベースSysDBに保存しており、強力なAPIとSDKからこのデータに簡単にアクセスできます。 ソフトウェア・インフラストラクチャをNetDBTMに強化し、EOSベースのデバイスでは、あらゆるデバイスのあらゆる状態変化を、1つに集約されたネットワーク全体のビューにストリーミングできるようになりました。

ご案内ビデオ: アリスタネットワークスCloudVisionテレメトリ

Arista DANZを使用すると、クリティカルな分析機能とモニタリング機能を実行する必要のある企業は、データ量とネットワーク帯域幅がますます膨大になっても、専用のアウト・オブ・バンドのモニタリング・インフラまたはバックホール・ネットワークを追加することなく、すべてのトラフィックについてセキュリティ、コンプライアンス、およびレポートを維持できます。

  • データ・トラフィックとネットワーク帯域幅が膨大な環境でも、セキュリティ、コンプライアンス、レポートの要件に対応
  • 高度なフィルタリングと正確なタイムスタンプをハードウェアのワイヤ・レートで適用
  • 標準的なサード・パーティ製APIおよびアプリケーション/ネットワーク管理ツールと統合

リアルタイム状態ストリーミングと分析 - Arista EOSおよびCloudVisionは、従来のポーリング・メカニズムに代わる新しいネットワーク・テレメトリの手法を提供します。 CloudVision分析エンジンとCloudVisionテレメトリ・アプリケーションは、EOSとNetDBの状態ストリーミング・インフラストラクチャを最大限に利用して、アリスタネットワークスのお客様のネットワーク・オペレーションに対し、これまでにない高度な可視化を提供します。

テレメトリ・トレーサ - アリスタネットワークスのテレメトリ・ソリューションに含まれるVMtracer、MapReduce Tracer、Container Tracerは、ビッグ・データ、クラウド、コンテナ、仮想化環境などの分散化されたアプリケーションとの統合によって、ワークロードレベルの詳細な可視化を実現します。

高度なモニタリング - Arista EOSは、事前対応的なモニタリングと計測を行う高度なツールセットを提供します。LANZによってネットワークのホットスポットを検出したり、高度イベント・モニタリングでプログラム可能なイベント・トリガーを使用したりできるほか、大量のトラフィックをキャプチャ、集約、複製して、統合されたDANZ機能セットで処理できるようにします。

パートナー・エコシステム - アリスタネットワークスのテレメトリ・ソリューションは、EOSとCloudVisionの拡張可能な基盤の上に構築されており、サードパーティ・システムとの統合を容易にするJSONおよびRESTful APIの豊富なセットを提供します。 VMware、Docker、Microsoft System Center、Openstack、Splunk、HPE、およびSAPのソリューションから最適なエコシステムを柔軟に選択して、クラウド・ネットワークの状態をアリスタネットワークスのリアルタイム・テレメトリと連携させることができます。

このようなクラウド・プラットフォーム統合に加え、アリスタネットワークスは、パケット分析、セキュリティ、トラブルシューティング分析、ネットワーク可視化において、広範な技術提携エコシステムを形成しています。

ほとんどのプロビジョニングおよびモニタリング・ツールは事後対応的で、ネットワーク状態をきめ細かく可視化できません。 Arista EOS®の状態ベース・アーキテクチャを利用するNetDBTM状態ストリーミングでは、1つに集約されたネットワーク全体のビューで各ネットワーク・デバイスの状態を把握できる先進的できめ細かいアプローチを提供します。 状態ストリーミングでは、ネットワークのすべての状態変化を即時に分析用のリポジトリにストリーミングします。 アリスタネットワークスのお客様は、リアルタイムのテレメトリと過去のテレメトリの両方のビューに一元的にアクセスでき、これまでは実現不可能だった詳細な情報を把握できます。

ご案内ビデオ: アリスタネットワークスのEOSの進化

今日のクラウド・ネットワークに対する影響をさらに強めるために、CloudVision®プラットフォームに含まれるCloudVision分析エンジンとCloudVisionテレメトリ・アプリケーションでは、EOSとNetDBの状態ストリーミング・インフラストラクチャを最大限に利用して、可視性の向上、問題の迅速な特定と解決、および経時的なネットワーク・パフォーマンスの可視性強化をアリスタネットワークスのお客様に提供します。

オープン・フレームワーク

状態ストリーミング・アーキテクチャは、業界標準のオープンなフレームワークに基づいており、多様な統合オプションに対応しています。 お客様は、EOSの状態をArista CloudVisionプラットフォームにストリーミングするか、パートナー・アプリケーションにストリーミングするか、お客様の独自のバックエンド・システムに直接ストリーミングするか、選択することができます。 このストリーミング・アーキテクチャは、YANGベースのOpenConfigデータ・モデルの基本でもあります。

パートナー統合

アリスタネットワークスのSplunk対応ネットワーク・テレメトリ・アプリケーションは、EOSからの複数のデータ・ソースを一元的なSplunkアプリケーションに結合し、組み込みのダッシュボード、ビュー、検索、およびアドオンによってこのネットワーク・テレメトリ・データを視覚化できます。

詳細情報:Arista LANZを使用してリアルタイムで輻輳をトラッキング

  • 「ネットワークが遅い?」という疑問に対する回答を入手
  • リアルタイムで輻輳の元をトラッキング
  • ネットワーク性能をアプリケーションとミドルウェアに組み込み

 

ご案内ビデオ:LANZの概要

レイテンシー・アナライザ

Arista LANZ(レイテンシー・アナライザ)は、輻輳やレイテンシーの元をトラッキングし、マイクロ秒単位でリアルタイムのレポートを行うアリスタネットワークスの画期的なテクノロジです。従来は、「ネットワークが遅い」場合、管理者はプローブ/コレクターを接続して、問題が再発生するのを待っていました。もはやその必要はありません。LANZを使用すると、前の輻輳がいつ発生したかがわかり、輻輳の元をトラッキングして、リアルタイムのイベントをSolace Systems社のミドルウェアなど外部アプリケーションにエクスポートすることができます。これによって、アプリケーション層において、前例のないネットワークの可視化が可能になり、インテリジェントにトラフィック・ルーティングを決定できます。

統合化されたLANZの主要な適用先は、取引設備の性能が重要となる金融サービス市場です。LANZの使用により、ネットワーク運用チームと管理者は、これまで以上に可視性を得られ、「マイクロバースト」が実際に発生しているかどうかを知ることができます。ミリ秒以下のレポート間隔で、輻輳を検出でき、一部の製品がパケットを転送するよりも速く、アプリケーション層のメッセージを送信できます。

アリスタネットワークスは、セキュリティ、可用性、データ分析を可能にするタップ・アグリゲーションを提供し、高密度でノンブロッキングの10/25/40/50/100GbEネットワークをあらゆる規模で実現します。こうした機能のすべてを強化するArista EOS®ソフトウェアにより、クラウド規模の可視化に伴うコスト効率を大幅に改善できます。

次世代のタップ・アグリゲーションでは、Arista CloudVision®Arista Data ANalyZer(DANZ)の連携により、データセンターのネットワーク・トラフィックのすべてに対してコスト効率の高いロスレスの監視が可能になり、必要なトラフィックにのみキャプチャと分析を行えます。DANZは、何千ものアクセス・ポイントと何百テラビットもの帯域にまで拡張できる高精度の可視化アーキテクチャです。

ご案内ビデオ:Arista DANZによるクラウドの可視化ソリューション

Arista DANZによるクラウドの可視化ソリューション

.

DANZによるタップ・アグリゲーション

 

DANZが持つクラウド規模のアーキテクチャ、クラス最高のビジネス価値、極めて損失の少ない可視化機能が、従来のパケット・ブローカーや帯域内監視の手法よりも少ないCAPEXとOPEXを実現します。DANZは、帯域内と帯域外の両方でテレメトリとパケット・キャプチャを提供します。こうした手法は小規模や専用のアドオン可視化ファブリックでは利用できません。また、不透明なデータセンター・トラフィックを包括的に可視化し、セキュリティの脅威からの保護や脅威の抑制、アプリケーションとネットワークのパフォーマンス管理、サービス可用性の監視、トラフィックの記録とトラブルシューティングを可能にします。

アリスタネットワークスのタップ・アグリゲーションの機能により、今日と将来のエンタープライズ・クラウド、サービス・プロバイダー、その他の大規模クラウド環境に可視化を統合できるようになります。これを実現するのが、アリスタネットワークスのユニバーサル・リーフおよびスパインとして最適化された、次の機能を備える拡張性の高いプラットフォームです。

  • 高密度、ノンブロッキング、ワイヤスピードの10/25/40/50/100GbEパケット・キャプチャ、およびネットワーク・トラフィックをロスレスで監視する高度なトラフィック管理機能
  • 432ポートの100Gと1152ポートの10/25Gを備え、少ないデバイスで高密度と高性能を提供することにより導入を簡素化する単一のノンブロッキング・プラットフォーム
  • クラウド環境の運用にプログラマビリティと自動化を実現。こうした機能はすべてアリスタネットワークスの確かなオープン・スイッチング・プラットフォームである、7150シリーズ7280Rシリーズ7500Rシリーズに搭載され、専用のファブリックや柔軟性のない設計なしに提供されます。
  • 追加のノード、またはパフォーマンスにボトルネックを生じさせる「スマート」ブレードを必要としない、ワイヤスピードの高度なネットワーク・パケット・ブローカー機能
  • CloudVisionを単一の制御ポイントとして、タップ・アグリゲーション・ネットワークと汎用的なデータセンター・ネットワーク・インフラストラクチャの両方で、プロビジョニング、オーケストレーション、リアルタイム・テレメトリが可能

DANZソリューションにより、柔軟性と精度に極めて優れた、ネットワークとアプリケーションのスケーラブルな可視化をエンドツーエンドで実現できます。また、サード・パーティによる既存のセキュリティおよび監視ツールをキャプチャ・データに直接統合できるようになります。

ネットワーク・トレーサは、ネットワーク・インフラストラクチャ、クラウド・オーケストレーション、仮想化環境間の連携を可能にします。Arista EOS®が持つこうした高度な機能により、ビッグ・データ、クラウド、仮想化環境のようなクラウド・アプリケーションが統合され、アプリケーション・レベルの詳細な可視化を実現できます。

ネットワーク・トレーサは次のように仮想環境、物理環境、アプリケーションにわたる可視化を実現します。

  • VM Tracer:EOS VM Tracerにより、ネットワーク・エンジニアは物理スイッチと同様に仮想インフラストラクチャを可視化できます。
  • Container Tracer:Container Tracerにより、ネットワーク・オペレーターはデータセンターで稼働するコンテナ・ワークロードを可視化できます。
  • MapReduce Tracer:EOS MapReduce Tracerは、クラスタ内のAristaスイッチに直接接続されたHadoopワークロードの追跡やそうしたワークロードとのやりとりを行い、ノードの障害やリンクの輻輳が発生した場合に平衡状態への復帰やリカバリを迅速に行うことができます。
  • Health Tracer:EOS Health Tracerは、ハードウェアおよびソフトウェアのレイヤでのインフラストラクチャの耐障害性を実現して、すべてのEOSプラットフォームで全体的なサービスの可用性を高めます。
  • Path Tracer:EOS Path Tracerは、アクティブ/アクティブのレイヤ2およびECMPネットワークのすべてのパスをモニタリングする、ネットワーク・モニタリングおよび分析ツールです。

ネットワーク・トレーサ