アリスタネットワークスのサービス・プロバイダー向けソリューション

クラウド・コンピューティングの急速な進歩は、アプリケーションとサービスの使用方法に加えて、コンピューティングとストレージの展開方法に大きな永続的変化をもたらしています。サービス・プロバイダーは契約期間中に収益を生み出し、顧客と株主に継続的な価値を提供するために、サービス提供エコシステムのあらゆる面、すなわちテクノロジーの選択や設計から設備投資の優先順位、サービスとサポートのワークフローまでを再検討する必要があります。

.

サービス・プロバイダーは以下の点に対処する必要があります。

  • クラウド・アプリケーションから発生する飽くなき帯域幅の要求
  • IoT、スマートシティ、無人輸送、およびリアルタイムの拡張現実および仮想現実の出現によってもたらされた、さらに低い遅延許容度およびネットワーク・パフォーマンス
  • 現代社会に重大な脅威をもたらし続けるサイバー・セキュリティ上の脅威のさらなる拡大

 

図1:サービス・プロバイダーのユースケース

サービス・プロバイダーには以下のことがますます求められています

  • 最高水準のルーティングとスイッチング性能
  • 安全で俊敏な、スケーラブルかつ費用効果の高いアーキテクチャ
  • プログラム可能で自動化されたオープンなIP/MPLSトランスポート・ファブリック
  • 豊富なモデル主導型テレメトリに基づくコグニティブ分析

単一のEOSバイナリを使用するアリスタの次世代Rシリーズ・ポートフォリオは、小規模サイトのルーターから、576個の400Gbpsポートあるいはそれ以上の大規模なモジュール型のピアリングおよびコア・ルーティング・システムまで、幅広いオプションにわたって大きな価値を提供します。