Arista 7280R3シリーズ・ユニバーサル・リーフおよびIPストレージ・ネットワーク

次世代のクラウド、コンテンツ配信、IPストレージ、リーフ/スパイン型ネットワーク、データセンター相互接続向けに設計されたArista 7280R3シリーズのボックス型スイッチは、パケットロスのない転送を実現する動的ディープ・バッファを備えた実績あるアーキテクチャと、高密度100Gおよび400Gのイーサネット、インターネット規模のテーブル・サイズ、L2とL3の豊富な機能を組み合わせてスペース効率と電力効率を高め、最新のネットワークに対応します。

EOS®の可視性、テレメトリ、ネットワーク監視、VXLANネットワーク仮想化、多彩な自動化の高度な機能と、豊富なハードウェア・リソースを組み合わせています。7280Rでは密度とインターフェイス・タイプを選択でき、最新のデータセンターの多様な用途やトラフィック・パターンに対応することができます。

Arista 7280R3の特長:

  • パケットロスのない転送を実現する動的ディープ・バッファとVOQによる比類なきパフォーマンス
  • 柔軟な設計で10G/25G/40G/50G/100Gと400Gから選択可能
  • 高密度、低消費電力のインターネット・ピアリングを可能にするArista FlexRoute™とEOS NetDB™
  • 柔軟でスケーラブルなネットワーク・ポリシー制御
  • 大容量ネットワークのセキュリティとアプリケーション監視を可能にする内蔵Accelerated sFlowとIPFIX
  • アルゴリズムACLやインバンド・ネットワーク・テレメトリなど、フローとパケットのフォレンジックを可能にするプログラマブル機能を備えた柔軟なパイプライン
  • EOSのオープンなプログラマビリティによる、すべてのレイヤでのトラフィック制御、プロビジョニング、モニタリング
  • 一貫した機能と実績あるアーキテクチャを備えた第4世代のディープ・バッファ固定システム

ご案内ビデオ:Arista 7280R3シリーズの紹介

Arista 7280R3シリーズのFlexRouteエンジンとEOS NetDBは、低消費電力と高速コンバージェンスでインターネットIPルーティング・スケールをサポートするスケーラビリティを提供し、270万の経路にスケーリング可能です。柔軟なフォワーディング・プロファイルから選択でき、多種多様なネットワークの役割に対応します。

アリスタのアルゴリズムACLは、拡張されたパターン・マッチングによる柔軟で大規模なアクセス制御を可能にし、sFlowではすべてのインターフェイスを最大転送容量でサンプリングでき、追加のフィルタリング機能も使用できます。

400Gの柔軟なソリューション

  • 2RUで最大48個の400Gポート、最大19.2Tbpsのワイヤスピード性能
  • 1RUで32個の100Gポートと4個の400Gアップリンクの高密度ワイヤスピード・システム
  • 100Gアップリンクと8GBのバッファを搭載した柔軟な25Gシステム
  • 400G、100G、25Gを組み合わせた1RUと2RUの幅広い選択肢でユニバーサル・リーフ/スパインに対応
  • Arista FlexRouteによるインターネット・ピアリング・スケーラビリティ
  • システムごとに最大32GBの高帯域幅ウルトラ・ディープ・パケット・バッファ

Arista EOS

  • オープンな拡張性とプログラマビリティ
  • Software Driven Cloud Networking
  • 細密なモジュール構造のメモリ保護アーキテクチャ
  • Linuxのツールや機能を利用可能
  • インサービス・ソフトウェア・パッチと自己回復型ステートフル・フォールト・リペア(SFR)

データセンター向けに最適化

  • 400Gと100G、OSFPとQSFP-DDから柔軟に選択できるインターフェイス
  • 100Gポート1個あたり11W未満の低消費電力で豊富な機能
  • L3で512way、L2で256wayのマルチパス
  • 優れた電力効率でTCOを削減
  • 冗長性のあるホット・スワップ可能電源とクーリング
  • Tier1サービス・プロバイダ向け規格NEBSに準拠
 

クラウドグレードのルーティング

  • 包括的なルーティング:OSPF/OSPFv3、MP-BGP、IS-IS、PIM、MSDP、MLD
  • トランスポート・シグナリング:LDP、RSVP-TE、SR-TE、BGP-LU、BGP-LS
  • サービス:IPv4 VPN(RFC 4364)、6PE/6VPE、L2/L3 EVPN、EVPN-VPWS、EVPN-DCI*、EVPN-Multicast、VPLS*、Pseudowire
  • トンネリング:LDP、RSVP、SR、LDP over RSVP、GRE、MPLS over GRE
  • 耐障害性:ECMP/UCMP、PIC、RSVP-TE FRR、SRLG、TI-LFA
  • QoS:分類、柔軟な書き換え、イングレス・ポリシング、VoQ、階層型QoS、シェーピング
  • セキュリティ:MACSEC、uRPF、ACL、CoPP、AAA

豊富な機能とオープンなプログラム性

  • 高速なコンバージェンスを可能にする包括的なスイッチングとルーティングの機能セット
  • IXプロバイダとクラウドWANに対応するセグメント・ルーティングとEVPNサービス
  • IPv4とIPv6のオーバーレイとアンダーレイのサポート
  • インターネット規模のIPv4とIPv6のフォワーディング・テーブルで500万を超えるIPv4ルートに対応
  • 大規模なIPv4/IPv6、ACL、QoSで柔軟なプロファイルをサポート
  • CloudVision®のプロビジョニングと自動化
  • 次世代データセンター向けのVXLANと512wayのマルチパス
  • LANZによるマイクロバースト検出
  • 大容量ネットワークのセキュリティとアプリケーション監視を可能にするAccelerated sFlow
  • 大規模なフローとパケットのフォレンジックに対応するインバンド・ネットワーク・テレメトリ
  • CloudVisionによるワークフロー自動化とオーケストレーション

Arista 7280R3シリーズ 技術仕様

Arista 7280R3シリーズは、特定用途向けに設計された100/400G、1RUと2RUのボックス型構成のシステムで、クラウド・データセンター、コンテンツ配信、IPストレージ、エンタープライズ・リーフ/スパイン・ネットワーク、データセンターの相互接続とIPピアリングなど、高度なハイ・パフォーマンス環境に最適です。

ワイヤスピードのL2とL3のフォワーディングを、ネットワーク仮想化、オープンなモニタリングとネットワーク解析、耐障害性、アーキテクチャの柔軟性に関する高度な機能と組み合わせ、確定的なパフォーマンスを提供します。ディープ・パケット・バッファと大規模なルーティング・テーブルでインターネット・ピアリングの用途に対応し、インターフェイスと密度の広範な選択肢から柔軟な展開が可能です。

Arista 7280R3シリーズの全製品でサポートしているFlexRoute™エンジンは、インターネット規模のルーティングに対応するルーティング・プラットフォームの展開をサポートするスケーラビリティを提供します。Arista FlexRouteとEOS NetDB™は、既製のチップセットでは得られないイノベーションとコンバージェンスを可能にします。7280R3Kシリーズの柔軟性ある各種プロファイルは、さまざまなネットワークの役割に対応する共通リソースを利用し、最大500万のIPルートをサポートします。

7280R3の特長

    • 標準規格に準拠した高密度400Gと100Gのスイッチは、将来の拡張性に優れた設計を採用し、ハイパフォーマンス・ストレージやコンテンツ配信ネットワーク(CDN)などにおける高帯域幅の要件に対応
    • 固定フォーム ファクタに搭載した動的ディープ・バッファにより、ロスレス・パフォーマンスとインキャスト・トラフィック対応を要件とするデータ分析やIPストレージなどに最適なスパイン・スイッチを実現
    • ハイ・パフォーマンスと予測可能なレイテンシーを必要とする、直接接続の40Gおよび50G接続ストレージ・システム
    • CloudVision®は、ネットワークの状態をストリーミングによる高度な分析を行う
    • ワイヤスピードVXLANルーティングで次世代クラウド・バースティングに対応するネットワーク全体の仮想化プラットフォーム
    • ハードウェアがサポートするPTPによって、イーサネットベースのネットワーク全体で正確なタイミング・ソリューションを実現でき、タイミング・ネットワークを別個に展開するための多額の投資が不要
    • モニタリングとプロビジョニングの独自機能 – LANZ、DANZ、AEM、IEEE 1588 PTP、ZTP、VM Tracer、VXLAN、eAPI
    • ベンダー・ロックインを排除するオープンなマルチベンダー・ネットワーク向けの包括的なL2とL3の機能セット
    • ネットワーク・フォレンジックを可能にするAccelerated sFlowとIPFIX
    • 大規模なL2とL3のテーブル・リソースにより、あらゆるワークロードに適合するL2とL3の両方の大規模環境の柔軟な展開が可能

サービス・プロバイダの環境に対応するNEBS準拠とDC電源

Arista 7280R3シリーズ

   
7280PR3
400G 7280PR3シリーズと7280DR3シリーズ
  • 400Gの1RUと2RUのシステム
  • 100G、50G、400Gを柔軟にサポートするOSFPまたはQSFP-DDの高密度400Gポート
  • 50GbEポート最大192個または100Gポート最大96個
  • 最大9.6Tbpsのワイヤスピード性能(16GB動的ウルトラ・ディープバッファ搭載)
  • 200万を超えるIPv4/v6ルート(FlexRoute)
  • 500万を超えるIPv4/v6ルート(7280PR3Kシリーズおよび7280DR3KシリーズとFlexRoute)
  • スケーラブルなAccelerated sFlowを全モデルに搭載
7280CR3
7280CR3シリーズ
  • 100Gの1RUと2RUのシステムで、QSFP100の光接続とケーブルのポートの組み合わせを選択可能
  • 2RUで最大96個、1RUで最大48個の100Gポート
  • 10/25/40/50/100Gと400Gのインターフェイスを柔軟に組み合わせ可能
  • 最大9.6Tbpsのワイヤスピード性能(16GBバッファ搭載)
  • 200万を超えるIPv4/v6ルート(FlexRoute)
  • 500万を超えるIPv4/v6ルート(7280CR3KシリーズとFlexRoute)
  • スケーラブルなAccelerated sFlowを全モデルに搭載
7280SR3
7280SR3シリーズ
  • 25Gの1RUシステムで、SFPの光接続とケーブルの1/10/25Gポートの組み合わせを選択可能
  • 1RUで最大48個の25Gポートと8個の100Gポート
  • 10/25/40/50/100Gのインターフェイスを柔軟に組み合わせ可能
  • 最大2.4Tbpsのワイヤスピード性能(8GBバッファ搭載)
  • 200万を超えるIPv4/v6ルート(FlexRoute)
  • 500万を超えるIPv4/v6ルート(7280SR3KシリーズとFlexRoute)
  • スケーラブルなAccelerated sFlowを全モデルに搭載
 

スケーラビリティ:

7280R3シリーズの各システムは、一貫性のある機能を備えています。レイヤ2とレイヤ3のデータセンター・ネットワーク設計をサポートし、予測可能でリニアなスケーリングに対応します。アリスタのFlexRouteエンジンとIP/MPLS/VXLANの各種プロトコルのサポートにより、フル・インターネット・ルーティングを実現します。

リソース1 7280R3シリーズ  7280R3Kシリーズ
プロファイル L3
(デフォルト)
分散 L3-XL
(デフォルト)
L3-XXL L3-XXXL 分散-XL
ARPエントリ 88K 88K  112K 112K 80K  96K 
MACアドレス 224K 224K  256K  192K  384K 256K 
IPv4ユニキャスト・ルート 1450K 800K 2250K 2850K 3950K  1850K 
FlexRouteによる追加のIPv4ユニキャスト・ルート +1792K +1792K  +2048K +1536K  +3072K  +2048K 
IPv6ユニキャスト・ホスト・ルート 433-483K 250-267K 683-750K 833-950K  1100-1317K  567-617K 
マルチキャスト・ルート 128K 128K  128K 128K  128K 128K 
TCAM ACLエントリ(チップあたり) 24K 24K  24K  24K  24K  24K 
トラフィック・ポリシーACL IPv4プレフィックス 30K 30K 430K  296K  30K  430K 
トラフィック・ポリシーACL IPv6プレフィックス 10K 10K  150K  100K  10K  150K 
ECMP 512-Way 512-Way  512-Way 512-Way 512-Way 512-Way 

 

7280SR3-40YC6などのエントリ機種の7280R3プラットフォームは、次の表のとおり、プラットフォーム固有のスケーリング・プロファイルを提供します。

リソース1 7280SR3-40YC6シリーズ
プロファイル L3-XL

L3-XXL

分散-XL

ARPエントリ 72k 72k 64k
MACアドレス 128k 96k 128k
IPv4ユニキャスト・ルート 1100k 1300k 1800k
FlexRouteによる追加のIPv4ユニキャスト・ルート + 1024k + 768k + 1024k
IPv6ユニキャスト・ルート 683-750k 833-950k 567-617k
マルチキャスト・ルート 128k 128k 128k
TCAM ACLエントリ(チップあたり) 12k 12k 12k
トラフィック・ポリシーACL IPv4プレフィックス 280k 187k 280k
トラフィック・ポリシーACL IPv6プレフィックス 93k 62k 93k
ECMP 512-Way 512-Way 512-Way

 

1 現在使用可能なMDBプロファイルによる一次元スケーリングの最大数。ユーザーによる設定に応じて使用可能なリソース。

 

Arista 7280R3シリーズの比較

次の表は、Arista 7280R3シリーズの各モデルの比較です。Arista 7000シリーズ・スイッチの仕様を説明した詳細なカタログは、こちらをクリックしてご覧ください。

7280R3 100G/400Gシステム

 

7280PR3-24
7280PR3K-24
7508 Specifications

7280DR3-24
7280DR3K-24
7504 Specifications


7280CR3-32P4
7280CR3K-32P4
7280CR3K-32P4A
7280CR2-60 Specifications

 


7280CR3-32D4
7280CR3K-32D4
7280CR3K-32D4A
7280CR2K-60 Specifications

 

7280CR3-36S
7280CR3K-36S
7280CR3K-36S

説明 24 x OSFP 24 x QSFP-DD 32 x QSFP
4 x OSFP
32 x QSFP
4 x QSFP-DD
28 x QSFP
6 x QSFP200
2 x QSFP-DD
400Gの最大ポート数 24 24 4 4 2
200Gの最大ポート数 48 48 8
100Gの最大ポート数 96 96 48  48  40
50Gの最大ポート数 192 192 96  96  80
40Gの最大ポート数 24 24 36  36  36
25Gの最大ポート数 192 192 96  96  120
10Gの最大ポート数 192 192 96  96  120
L2/3スループット 9.6 Tbps 9.6 Tbps 4.8 Tbps 4.8 Tbps  2.4 Tbps
L2/3 PPS 4 Bpps 4 Bpps 2 Bpps  2 Bpps   1 Bpps
レイテンシー 3.8マイクロ秒 3.8マイクロ秒 3.8マイクロ秒 3.8マイクロ秒  3.8マイクロ秒
通常消費電力 650W 650W 543W 543W  254W
合計システム・バッファ 16GB 16GB 8GB  8GB  4GB
ラック・ユニット 1 1 1 1
CloudVision Yes Yes Yes Yes Yes
スマート・システム・アップグレード* Yes Yes Yes  Yes  Yes
ZTP Yes Yes Yes  Yes  Yes
VM Tracer Yes Yes Yes  Yes  Yes
AEM Yes Yes Yes  Yes  Yes
VXLAN Yes Yes Yes  Yes  Yes
LANZ* Yes Yes Yes  Yes  Yes
Accelerated sFlow Yes Yes Yes  Yes  Yes
エアフロー 前面吸気/背面排気 前面吸気/背面排気、背面吸気/前面排気 前面吸気/背面排気
 

7280R3 25G/100Gシステム

 

 


7280CR3-96
7280CR3K-96
7280CR2AK-30 Specifications

7280SR3-48YC8
7280SR3K-48YC8
7280SR3K-48YC8A
7280CR2AK-30 Specifications


7280SR3-40YC6
7280SR3E-40YC6
7280CR2AK-30 Specifications

説明 QSFP 96個 25G SFP 48個
100G QSFP 8個
25G SFP 40個
100G QSFP 6個
400Gの最大ポート数 - - -
200Gの最大ポート数 48 - -
100Gの最大ポート数 96 8 6
50Gの最大ポート数 192 16 12
40Gの最大ポート数 96 8 6
25Gの最大ポート数 192 80 52
10Gの最大ポート数 192 80 52
1Gの最大ポート数 - 48 36
L2/3スループット 9.6 Tbps 2.4Tbps 1.2Tbps
L2/3 PPS 4Bpps 1Bpps 600Bpps
レイテンシー 3.8マイクロ秒 3.8マイクロ秒 3.8マイクロ秒
通常消費電力 1700W 154W - 162W 130W
合計システム・バッファ 16GB 4GB 2GB
ラック・ユニット 2 1 1
CloudVision Yes Yes Yes
スマート・システム・アップグレード* Yes Yes Yes
ZTP Yes Yes Yes
VM Tracer Yes Yes Yes
AEM Yes Yes Yes
VXLAN Yes Yes Yes
LANZ* Yes Yes Yes
Accelerated sFlow Yes Yes Yes
同期イーサネット - - インバンド(SR3E)
エアフロー 前面吸気/背面排気 前面吸気/背面排気、背面吸気/前面排気 前面吸気/背面排気、背面吸気/前面排気

 

 * EOSでは未サポート

 

 

1Gから100Gまで対応するMACsec

費用対効果が高く、高性能な大量のデータ暗号化を大規模に実装することは、今日のクラウド・データセンターと相互接続プロバイダにとって大きな課題です。Arista 7280R3 MACSecシステムは、ワイヤスピードの暗号化が組み込まれた高性能、高ポート密度の1RUスイッチ・ルーターであり、最大規模のデータセンターのニーズを満たせるように設計されています。

7280R3 MACSecシステムは、実証済みで標準規格に準拠した暗号化技術(IEEE802.1AE MACsec)を利用して、データセンターのリーフ/スパイン・デザイン、データセンターの相互接続(DCI)、オーバーレイ・ネットワーク、仮想化および従来のエンタープライズ・ネットワークの階層間のリンクに安全な通信を提供します。

主な利点:

  • ワイヤスピードのMACsec暗号化を利用した高性能なL2とL3の機能を、コンパクトな1RUのフォーム・ファクターで実現。
  • マルチスピードの1/10/25/40/50/100Gをサポート。
  • 外付けの暗号化デバイスが不要。
  • 大規模なリーフ/スパイン・ネットワークからデータセンターの相互接続まで、幅広い用途に安全な通信を提供。
  • パケットロスのない転送を実現する動的ディープ・バッファとVOQによる比類なきパフォーマンス。
  • 大容量ネットワークのセキュリティとアプリケーション監視を可能にする内蔵Accelerated sFlowとIPFIX。
  • アルゴリズムACLやインバンド・ネットワーク・テレメトリなど、フローとパケットのフォレンジックを可能にするプログラマブル機能を備えた柔軟なパイプライン。

主な機能:

  • 次のポートを搭載した高密度でワイヤスピードの1RUシステム:
    • 32個の100Gと4個の400G
    • 48個の1/10/25Gと8個の100G
  • 最大4.8TbpsのワイヤスピードによるL2およびL3のIP転送
  • SFP25ポートとQSFP100ポートでのIEEE 802.1AE MACsec暗号化
  • インターネット規模のIPv4とIPv6のフォワーディング・テーブル
  • プラガブルな光接続で「Pay as You Grow(規模の拡大に応じて支払う)」の拡張に対応
  • 高速なコンバージェンスを可能にする包括的なスイッチングとルーティングの機能セット
  • IXプロバイダとクラウドWANに対応するセグメント・ルーティングとEVPNサービス
  • IPv6のオーバーレイとアンダーレイのサポート
  • 大規模のIPv4/IPv6、ACL、QoSに完全対応
  • VXLANと512wayのマルチパス
  • LANZによるマイクロバースト検出
  • VXLANとEOSネットワーク・トレーサ
  • CloudVision®によるワークフロー自動化とオーケストレーション
  • 大規模なフローとパケットのフォレンジックに対応するインバンド・ネットワーク・テレメトリ
  • リアルタイムの監視とトラブルシューティングを可能にする豊富で柔軟なカウンタ

Arista 7280R3 MACsecシリーズの比較

次の表は、Arista 7280R3 MACsecシリーズの各モデルの比較です。

 

7280CR3MK-32P4S
7280CR2-60 Specifications 

7280CR3MK-32D4S
7280CR2K-60 Specifications

7280SR3M-48CY8
7280CR2K-60 Specifications

説明 QSFP100 32ポート、400G OSFP 4ポート QSFP100 32ポート、400G QSFP-DD 4ポート 25G SFP 48ポート、QSFP100 8ポート
400Gの最大ポート数 4 4 0
100Gの最大ポート数 48  48 
40Gの最大ポート数 36  36 
25Gの最大ポート数 96  96  80 
10Gの最大ポート数 96  96  80 
L2/3スループット 4.8 Tbps 4.8 Tbps  2.4 Tbps 
L2/3 PPS 2 Bpps  2 Bpps   1 Bpps 
レイテンシー 3.8マイクロ秒 3.8マイクロ秒 3.8マイクロ秒
通常消費電力 535W 535W  272W 
合計システム・バッファ 8GB  8GB  4GB 
ラック・ユニット
CloudVision Yes
スマート・システム・アップグレード Yes 
ZTP Yes 
VM Tracer Yes 
AEM Yes 
VXLAN Yes 
LANZ Yes 
Accelerated sFlow Yes 
AlgoMatch Yes
エアフロー 前面吸気/背面排気または背面吸気/前面排気

スケーラビリティ:

7280R3シリーズの各システムは、一貫性のある機能を備えています。レイヤ2とレイヤ3のデータセンター・ネットワーク設計をサポートし、予測可能でリニアなスケーリングに対応します。アリスタのFlexRouteエンジンとIP/MPLS/VXLANの各種プロトコルのサポートにより、フル・インターネット・ルーティングを実現します。

リソース1 7280R3シリーズ   7280R3Kシリーズ
プロファイル L3 (デフォルト) 分散 L3-XL (デフォルト) L3-XXL  L3-XXXL  分散-XL
ARPエントリ 88K 88K  112K 112K 80K  96K 
MACアドレス 224K 224K  256K  192K  384K 256K 
IPv4ユニキャスト・ルート 1450K 800K 2250K 2850K 3950K  1850K 
FlexRouteによる追加のIPv4ユニキャスト・ルート +1792K +1792K  +2048K +1536K  +3072K  +2048K 
IPv6ユニキャスト・ホスト・ルート 433-483K 250-267K 683-750K 833-950K  1100-1317K  567-617K 
マルチキャスト・ルート 128K 128K  128K 128K  128K 128K 
TCAM ACLエントリ(チップあたり) 24K 24K  24K  24K  24K  24K 
トラフィック・ポリシーACL IPv4プレフィックス 30K 30K 430K  296K  30K  430K 
トラフィック・ポリシーACL IPv6プレフィックス 10K 10K  150K  100K  10K  150K 
ECMP 512-Way 512-Way  512-Way 512-Way 512-Way 512-Way 

1 現在使用可能なMDBプロファイルによる一次元スケーリングの最大数。ユーザーによる設定に応じて使用可能なリソース。